« 「ハードケース」第5弾-Martin D-18GE | トップページ | 井上陽水のGuild D55 »

2015年12月 3日 (木)

Martin D-18GE「2008」の理由

連続でD-18GEネタになってしまいました。

私の個体は、2008年製です。そんなに古くはありません。・・・どころか、まだ7年の新しい個体です。

なぜにこれを選んだか?

実は理由がありました。

それは、これです。

Cimg7498

「175 YEARS」の刻印。

これは、まさに「2008年製」にしかないわけです。

スペックは、前後の年と何も変わらないと思います。(心のどこかに「記念の年のだから、ちょびっとは違うのでは?」という気持ちはあります)

でも、この刻印が欲しかったのです。

「カッコいい・・・」ただそれだけなのです。

・・・・などと思いながら調弦していたら、「ぶちっ!」。

「は?」

Cimg7679

なんと、4弦が切れました。

これは、滅多にないですよね。私のギター人生で、4弦が切れたのはこれで2回目です。

にもかかわらず、なぜかD'Addarioのスペアが。。。。あった。。。。もう3年ぐらい前に買っておいたバラ弦でしたが、錆もなく、きれいでした。

よかった。。。

しかし、1弦と3弦はよく切れますが、4弦とは。

6年ほど前に、2弦を切ったことがあります。1度だけ。

少し動揺しましたが、気を取り直して。

Cimg7484

さて、皆さんは2弦や4弦を切ったことありますか?

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 「ハードケース」第5弾-Martin D-18GE | トップページ | 井上陽水のGuild D55 »

Martin D-18GE」カテゴリの記事

コメント

丸に橘さん、こんばんは。
私はストローク中心なので、6弦以外は全弦切ったことがあります(*^^*ゞ
あんまり切る方ではないのですが、やはりその日の湿度やもろもろの環境、あと弦の状態とかで変わるので切ったりしますね。
パソコンのHDD同じで切れるもの(壊れるもの)と思っています(T.T)

え~~~、うちのにだって
「167 years」の刻印が
ないない、なんにもない!・・プチ悔しい(笑)

ちなみに4弦を切ったことはないですが
ほんとに珍しいですよね

■ギターの弦は演奏中(コードストロークや
フィンガーピッキング、カーターファミリー等)
切れたことがありませんね。
チューニング中に切れたことは、数回。
基本的には、弦交換は3カ月を目標と
しています。

■マーチンD28(1962年製)
「J-Guitar」で検索すると2件

○三木楽器梅田店(大阪市)
820,000円(税込)

○ハイパーギターズ(東京 新大久保)
The中古楽器店屋の隣
840,000円(税込)
こちらの方が程度が良いですね。

観ましたか?

こんばんはー。

知らなかったー、2008にはそんな意味があったのですね。
丸に橘さんの拘りですね。

最近は弦切らないですねー、高校の時は友達と練習すると張った日に1~3弦は切っていました。
ストロークでガンガン弾いて弦を切るのがカッコイイと思ってた青春時代です。

こんばんは!

そういえば、ここ数年
弦を切ったことないような気がする…
たしか最後に切ったのは
緩めておいた弦を調弦する時に
3弦が切れた記憶があるけど…
それくらい切ってないですね。
昔、弾き語りをやってた頃は
一週間に一度くらい切ってましたけど(笑)

がめラさん、いつもコメントありがとうございます。
ストロークで切っちゃうというのも激しいですよね。
つまり演奏中に?
しかも、5弦まで!
圧倒されます。

Zi Ziさん、いつもコメントありがとうございます。
残念~。(笑)
まあ、自己満足の世界。音色にも、材質にも、何も関係ないところで喜んでます。175周年。
しかし、二度あることは三度ある、わけで。気を付けます。

風の又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
弦交換は3か月。そうですよね。。。劣化も関係あるのでしょうね。巻いている部分は特に。
私もこれからは、そのぐらいのスパンにします。
J-Guitar、見ました。
心惹かれるところですが、もう少し、状態を考えたいな、と。。。。

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
まあ、2008なんて、、、、、弾いているときに刻印が見えるわけでもなし。なのにね。(笑)
今の私だと、ストロークで弦が切れる前に自分の体力が切れそうです。(笑)

mssumasumさん、いつもコメントありがとうございます。
数年も切った記憶がないというのも、まさに達人の為せる技。
交換が面倒ですもんね。バラ弦がないと、意欲落ちますし。。。。

なんとか記念とか付くと興味が出てしまうのは同じですf^_^;)
普通と違うというだけで愛着も深くなりますもんね。

弦はチューニング中に切れちゃう程度かな。
ナット、チューナー、サドルなどは手を入れてるので演奏中に切れるのは稀です。
放置ギターを引っ張り出してチューニングする時には、弾けた弦が怖いので顔を背けながらやってます(笑)

akogi305さん、いつもコメントありがとうございます。
ギターのメンテが行き届いているのですね。
私も、緩めるときに1.3弦を切る、というのがオーソドックスですね。。。。
ですから、3弦はスペアを持っています。

どうか達人というのは勘弁してくださいね(^▽^;)
私の演奏動画をご覧になって
そう思われるのでしょうけど
アップするために100テイク以上撮って
ようやくこのレベル(ミスが消せない)なのです。

弦切れですけど
私の場合、一度切れるだけでも
調整に出してしまうのです。
指弾きの場合ですけれど
弦を張ったり緩めたりを繰り返さないかぎり、
弦が切れるのは問題だと考えてます。
ナットやサドル部分から切れるなんて論外。
ペグのポスト以外は要調整事案です(笑)
ちなみに弦は4か月を目途に張り替えてます。
(使用弦はエリクサーです)

mssumasumさん、いつもコメントありがとうございます。
それを聞いて、私も勇気が出てきました。私も動画がんばります。
弦切れのことですが、これまで、サドルのところで切れたことがあります。
なるほど。。。

今回は手放してしまいましたが、又GEは手にいれます。やはりMartiにしかない音が有りますね。弦は切れた記憶が無いですね、ただ1ヶ月位で張り替えるからかもしれません。何か音が違うと感じたら張り替えてしまうんですよね、まとめて弦を買うからなんでしょうが、もったいないでしょうか。

中村さん、いつもコメントありがとうございます。
弦は、新しい方がいいという人と、古い方がいいという人がいるみたいです。
私は、中間でしょうか。これまで、切れなければ半年ぐらいでした。
が、3~4か月にしようかと思っているところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Martin D-18GE「2008」の理由:

« 「ハードケース」第5弾-Martin D-18GE | トップページ | 井上陽水のGuild D55 »

最近のトラックバック