« 不思議な型番 | トップページ | 「45」と「55」 »

2015年11月 8日 (日)

手入れをしっかりと

木でできていますからね、ギターは。

もう、だいぶ前からこんな季節になっています。

Cimg6666

放っておくと、湿度が30パーセント台に落ち込みます。それで、薬缶を2つ。

が、それだけでは足りません。

さらに加湿器を使って、、、、

Cimg7522

やっと49パーセント。(昨日の様子です)

板割れでも起こしたら大変です。それだけは絶対に避けなければ、、、。

ということで、本体の手入れもきっちりと。

Guild G-312。

「歳時記」

「あの素晴しい愛をもう一度」

「あいつ」

を弾いた後は、、、、。

Cimg7526

セーム革で側板を拭き拭き。

Cimg7527

裏板を拭き拭き。

Cimg7528

クロスで弦と指板をゴシゴシ。

Cimg7530

ペグをピカピカに。

Cimg7531

ヘッド裏も拭き拭き。

Cimg7532

表板はケースに入れてから磨き。。。。

いつも、この程度はするようにしています。

それでも落ちない汚れというのがありますから、それは弦交換の時に。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 不思議な型番 | トップページ | 「45」と「55」 »

Guild G-312」カテゴリの記事

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

丸に橘さん、こんばんは
今日はなんか蒸し暑くて、半袖一枚で過ごしております
私は手元のギターは空調の影響を受けてしまうので加湿器を使ってますが、40%後半くらい以上あると、放置です(笑)
乾燥は湿気よりもコワイですから、冬場のギター管理は緊張感ありますね

●へ~、ストーブが出ているのですか。
我が家は、11/1からコタツが出ていますが、
私は入りません、つい最近まで、半袖Tシャツ
と短パンの素足ですが、山の神(家内)から
寒々しいのでと言われ、ロングタイツやフリース
など着ています。
(マラソンレースで寒さに慣れるため薄着
風邪にここ2,3年ひきません)。

●今日は、降雨で湿度が80%以上なので
ギターはケース内です。

私も毎回、弾き終わった後は、
ウエス(タオル)で
1.弦を拭き
2.指板を拭き
3.ボディ、サイド、バックを拭き
4.チューニングキーやヘッド拭き

そして、セーム革で
全体(ボディ、サイド、バック、ヘッド)を
拭きます。

そうですね、2~3分の手入れが楽器
が長持ちしますね。

●マーチンD28,28、ヤマハFG350
は弦を張りぱなしでしたが、
最近、ギターの弦を緩めるように
しました(6.5弦と1.2弦を半巻程度)。

橘さんのギターは?(弦を緩める)

ziziさん、いつもコメントありがとうございます。
あら~、蒸し暑い、、、って、、、。こちらは今日の最高気温2.5度でした。最低気温は、もちろん氷点下です。。。半袖とは、羨ましい限りです。
私も、湿度45パーセント以上でないと、ケースから出しません。

風の又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
ストーブは一年中出しっぱなしです。時には8月でも焚くときがありますので。
9月からは朝晩は必要です。
10月に入ると、日中でも焚かずにはいられません。
布団は、電気毛布です。
流石、しっかり手入れされてますね。
私は、弦はいつもベロンベロンに緩めます。心配性なんでしょうね。

皆さんそうなんですかー!!!!!
自分はいつも除湿器を使い湿度45%以下にならないとケースからだしません。
湿度40~45%がギターに最適じゃないんですか?
確か有名なリペア―マンが言ってたような・・・

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
何かで読んだのですが、Martinの工場は45パーセントに調整しているようです。ですから、それが最適なのでしょうね。

皆さん素晴らしいですね。私はあまり湿度は気にしません。本来気にするのが正解でしょう。が。いくら高級ギターといえど子育てと同じ、甘やかしてばかりではギターのためになりませんぞ。冗談はさておき、実際弾くときはまり気にしませんがケース保管時は湿度調整材使っていますね。弦も1週間以内に弾く場合は緩めません。賛否ありますが。こちらもかなり蒸し暑かった1日でした。丸に橘さんの現状に驚きです。

みなさんのギター管理には頭がさがります。
私は長く弾かずに放置してある場合だけ
4~6弦を3巻ほど緩めるくらいかな?
あとは弦張り替える時に全体を丹念に磨くくらい。
それ以外は汚れに気付いたら拭く程度。
もう少し愛情を注がないといけないかも(笑)

がめラさん、いつもコメントありがとうございます。
たぶん、影響が出るか出ないかは時の運なのだと思います。
弦の張りっぱなしによるネック起きも、運。(笑)
まあ、運悪く割れたり起きたりすると、高い修理代が掛かってしまいますから、転ばぬ先の杖に過ぎないのでしょうね。

mssumasumさん、いつもコメントありがとうございます。
本当は、それでOKなのでしょうね。
弦を緩めるときにバチン!と切れることが、けっこうありますし。

こちらは今日も65%あります。
除湿機が必用です。
瀬戸内海のなまぬるい風のせいです。
地域差が大きいですね。
その乾燥を分けて欲しいくらいです。

青井草茂さん、いつもコメントありがとうございます。
65パーセント!
瀬戸内ですか~。温暖で羨ましい。。。
足して二で割るとちょうどいいですよね!(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/62639100

この記事へのトラックバック一覧です: 手入れをしっかりと:

« 不思議な型番 | トップページ | 「45」と「55」 »