« Martin D-45のケースは | トップページ | 解決!「Mahogany shaded maple sides and back」 »

2015年11月15日 (日)

驚きの出物

ネットでいろいろ見ていたら。

ただただ驚くばかりの出物が!

20151114_181436d28

店のサイトはこちら

最初、「0」の数を見間違いました。(笑)

これを買うのは、どのような方なのでしょうか。というよりも、果たして買う方がいるのか。興味津々です。

いや、どのような方が、何のためにこれを手放すことにしたのか。こっちの方が興味深いですね。

後学のために、現物を見てみたいですが、写真で我慢です。資料的価値があると思い、すべてダウンロードしました。

もう一つ。ちょっとした話題になっていましたが。

20151114_181625d55

こちらもご覧ください。

これは、シリアルから見て、同じ79年製でも10月以降の個体です。

シリアル変更の前後で何かが変わったのか、何も変わっていないのか。これまた興味津々です。大きな謎ですね。

オリジナル・ハードケース付ですね。貴重です。

こんな映像も発見しました。

Guild D-55にBrazilian Rosewoodモデルが!?

まあ、D-55の初出は'68年とのことですから、あり得ることです。

いずれなしても、今は脇目も振らずMartin D-28(1962)。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« Martin D-45のケースは | トップページ | 解決!「Mahogany shaded maple sides and back」 »

Guild D55」カテゴリの記事

Martin D-28」カテゴリの記事

コメント

う~んこれは、ロトが当たらないと買えないですね(^_^;
もし買ったら、それはそれでかなり気を遣いますね。
いや、弾けないかも・・・。

がめラさん、いつもコメントありがとうございます。
観賞用でしょうか。
金庫にでも入れておかないと。みたいな感じになりそうですね。
これでクラックでも入ろうものなら、価値激減でしょうから、湿度管理、温度管理も、、、ああ、維持経費も馬鹿になりません。(笑)

消費税だけでDー45の中古が買えますね、笑うしかない。
いくらプリウォーと言えどこの価格設定はどうなんでしょう?
貴重なのは分かりますが…

世の中、金持ちはいっぱいいますからねー。
普通に買換えだったのかも・・・
D-55ハカランダですか、この音は好物です。

中村さん、いつもコメントありがとうございます。
なるほど、消費税だけで。
本当に笑ってしまいました。(笑)
すごいなあとは思いますが、それだけ出してまで欲しいとは思いませんね。
でも、故加藤和彦さんは買ったんですよね。。。

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
いますよね、金持ち。たぶん、このぐらいポンと出しちゃうんでしょうね。
そう考えると、Martin D-28(1962)なんてささやかな目標です。。。。
Guild D-55 ハカランダ、目の前に現れたら買っちゃうかも。(笑)

こんばんは~~

わたしは、先日1953のD-18をさわらせてもらってすっかりトリコです(笑)
18GEが欲しくなってこまっております
丸に橘さんの18GEにみずと肥料をやったら、芽が出て来ないものでしょうか
収穫時期には是非お伺いしたいな~~なんて、はかない夢を見てます(笑)

ziziさん、いつもコメントありがとうございます。
D-18(1953)!
それは、私のD-18GEなんぞ足下にも及ばない逸品。
「GE」と称しながら、「28」とは値段も月とすっぽんです。中古なら、新品のD-18stdよりも安いのです。
考えても見れば、それでアディロンダック・スプルースが買えちゃうということでもあります。
オークションなら、もっと安く手に入るのかも知れませんね。
ぜひ!

丸に橘さん、こんにちは。

> ネットでいろいろ見ていたら。
> ただただ驚くばかりの出物が!

一千万円ですか!これはすごいですね。
でも宝くじに当たっても、こんなのは手にしないだろうなあ。維持・管理するだけでも大変そう(笑)。

ただフォルヒ G23-CRCT の音にも飽きてきたんで、シダーじゃない材質の、ちょっといいギターはほしいなあ・・・。

28すごい値段ですね!びっくりしました!製造年からいってももはや骨董的な価値なんでしょうね。動画のGuildはい~音してますね~(^^)

J minorさん、いつもコメントありがとうございます。
いやはや。
でも、しばしばさんの仰るように、世の中お金持ちはたくさんいるわけで。
程なく売れるのだろうと思います。
G23-CRCT は、ziziさんも所有していらっしゃいます。シダーというのは、やはりスプルースとは違う音色なのですか。
近年ものなら、やはりアディロンダック・スプルースですかね。

加藤工夢店さん、いつもコメントありがとうございます。
あ、そうか。「骨董品」と思えばいいのですね。
それなら、あの数字は納得です。
なんでも鑑定団登場、ですね。(笑)

凄い一点が売りに出されているのですね。

●ブルーG
そうそう、本日(11/17)、ブルーGに電話
しました。
既に売れたギターの販売価格を確認する
ため(予想していた価格帯でした)。
ついでに確認したのは、
・委託料は20%
・販売価格は、そのギターの状態と相場

●ヤフーオークション
中古楽器では、ギター試奏で確認できますが、
ヤフーオークションでは、写真、数枚で決め
ます(ノークレーム、ノーリターン)。
100万円以上の価格を写真で決める。
私には出来ません。

参考URLにマーチンD35をウオッチング
しました。~♪

風の又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
行動力ですね。電話してしまうという。
委託料は、楽器店によって違いがあるのでしょうね。
ヤフオクでババ引いちゃった話がziziさんのblogにありましたね。つまりは「賭け」ですよね。
ハイ・リスク、ハイ・リターン。。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/62684047

この記事へのトラックバック一覧です: 驚きの出物:

« Martin D-45のケースは | トップページ | 解決!「Mahogany shaded maple sides and back」 »