« Guild D-44M 新たな発見 | トップページ | 驚きの出物 »

2015年11月14日 (土)

Martin D-45のケースは

なんだかケースづいてます。

Martin D-45のケース。

Cimg6769

まあ、現行品です。型番は「640」ですね。これだけをまともに買おうとすると、4万円ぐらいするのではないでしょうか。

さて、ロゴからすると、こっちの向きが正しいようです。置いたときにロゴが正しい向きということで。

Cimg6779

そのロゴです。

Cimg6775

カッコいい。。。

中は、、、。

Cimg7591

緑色です。目に優しい色です。

Cimg7593

このヘッドの部分ですが、実は不満があります。

それは、ストラップが入らない、ということ。あまりにも浅いのです。

私は立って弾くので、必ずストラップを付けます。が、別に保管しなくてはならない、というのが不便。

仕方ないですね。。。

Cimg7594

小物入れの把手に「TKL MADE IN USA」とありました。

その小物入れには、、、。

Cimg7595

WARRANTYカードの鍵等の一式。そして、予備のサドル。

このサドルは、今使っているのよりも低いので、もう使うこともないでしょうね。。。。

そのD-45。

Cimg7584

冬に入って乾燥してきたせいか、、、、

Cimg7575

弦高がこんなことに。

弦高が低くて、音量が下がってしまっています。気持ち、ビリつきます。

でも、サドルはこんな状態なのです。

Cimg7583

4.5mmはあります。いくらなんでも、これ以上高くするわけにもいかないでしょう。まあ、するとしても、あと0.5mmぐらいが限界です。

Cimg7582

今日は、こんなことしたり、

Cimg7425

こんなことしたりしているので、

Cimg7481

明日にでも、ロッドを緩めて弦高を2.5mmぐらいまで上げようと考えています。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« Guild D-44M 新たな発見 | トップページ | 驚きの出物 »

Martin D-45」カテゴリの記事

ケース」カテゴリの記事

弦高」カテゴリの記事

コメント

●マーチンハードケース
ブルーケース、ブラックケースとも
マーチン・ギター取説にあるように
「ケースはネックとボディーを出来る限り
水平にしておくように設計されています」
のため、ヘッド場所のスペースは浅い
ですね。

●立って弾く、座って弾く
座って練習は安定感があるので
良いのですね。
たまに、演奏を意識して、立って弾き、
不安定感やポジションの違いに慣れます。
(しかも、立って歌うと発声の音量が出る)

●弦高
弦高が低すぎると強くストロークすると
音がビビったり伸びが足りなかったり
するのでしょうか。
弾き易さと演奏を重視する・・・・
トレードオフですね。

★ここで、丸に橘さんのブログ感想。
コーヒーサロン いや、”ギターサロン”
(ギター談義、交流の場)のようになって
きましたね。
橘さんの「ホノボノとしたギターの愛情」
が出ているのでしょね。~♪

おはようございます!
だっぺ地区は雨降りの嫌な天気…

近年物はアンプラグドやソロギターブームに合わせ、弦高を追い込めるようネックの仕込み角が昔の物と違うのかな?
昔のは主人と同様、経年による腹ボテでサドルがどんどん低くなってしまいますf^_^;)

風の又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
なるほど~。これまた発見です。
意図的なんですね。納得です。
立つ座るも、バランス。。。けっこう肩にズッシリきますから。ローズ系は重くて。。
弦高もバランス。何かを選べば、何かを犠牲にするということですね。
サロンなんていうほどではないですが、ギターはまさに「下手の横好き」!

akogiさん、いつもコメントありがとうございます。
あらら。そんな天気。
ふるさと離れたでれすけは、強雨もギターの猛特訓。(笑)
腹ポテにならないように、いつも弦はベロンベロンに緩めています。

おはようございます。
お馴染みのマーチンケースですね。
昔持っていたD-45のブルーケースとD-28のブラックケースはカッコだけでギターを守るには全くダメだったようです。
今のマーチンケースはちゃんとしてるみたいですね。
D-45コメのケースもシッカリしてます、それでも2万台の岩本ケースの方が良さそうですが…
岩本ケースは世界的にも有名で蓋板と底側板を1枚板を縦に切って使っているのでぴったりしてるのだそうです。
確かテレビでクラッシックギター奏者が言っていました。

今のMartinのケースはこんな仕様になっているのですね 知りませんでした・・・
ギター好きにとってはケースを見るだけでワクワクしますね(笑)

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
ブルーケースよりはずっといいです。ミーハーの私は、ブルーケースも持っているのですが、中も硬くて。。。
岩本ケースがMartinのケースだったら言うことなしですね。Gotohのように、使ってくれればいいのにと思います。

加藤工夢店さん、いつもコメントありがとうございます。
以外と、ケースだけ買って中身はこれから、なんてこともありそうです。(笑)
刀の鍔みたいなものでしょうか。

Martinのケースかっこいいですね。
やっぱりケースにはしっかりギターを守ってもらわないとですね。ほんとかっこいいです。

がめラさん、いつもコメントありがとうございます。
上蓋がへこんでいるところが面白いですね。
強度確保のためなのでしょうか。
他に何か意味があるのか、単なるデザインか。。。
これも謎でしょうか。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/62677343

この記事へのトラックバック一覧です: Martin D-45のケースは:

« Guild D-44M 新たな発見 | トップページ | 驚きの出物 »

最近のトラックバック