« 解決!「Mahogany shaded maple sides and back」 | トップページ | Martin D-45 弦高調整す »

2015年11月19日 (木)

「ハードケース」第4弾・Guild D55

えっ? 第3弾の間違い?

いえいえ。

実はけっこう前になるのですが、こちらでGuild G-312stdのケースを紹介していたのでした。

それで、第4弾というわけです。

Cimg6781

これもね、やはりアーチトップになっています。

Cimg6785

側面の「Guild」プレート。鋲で留めてあります。

Cimg7596

中は臙脂色。私の好きな色です。

Cimg7597

Guildのヘッドはデカいですから、並のハードケースでは横幅が足りません。

これは純正・オリジナルですから、心配なし。

Cimg7598

臙脂色に指板インレイが映えます。

Cimg7599

TKL製ですが、これは「MADE IN CANADA」です。Martinのハードケースは、同じTKLでも「MADE IN USA」でしたが。。。うーむ。

ということで、紹介でした。

今日も寒い一日でした。。。。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 解決!「Mahogany shaded maple sides and back」 | トップページ | Martin D-45 弦高調整す »

Guild D55」カテゴリの記事

ケース」カテゴリの記事

コメント

丸に橘さん、こんばんは。
私のD-50のHCも同じデザインです。中は緑で、G&G社のMADE IN USAです。Fender御用達のケースメーカーらしいです。Guildのプレートはないですが、重量だけはあります(T.T)

お~!

ギター、ハード・ケースとも綺麗ですね。

ロゴプレートが、プロレスのチャンピン
ベルトのような(笑)。

紫色のビロードが高級感を醸し出して
います。

気に入ったギターを持っていると、家に
帰るのが本当に楽しくなる、人生が豊か
になりますね~♪

PS:こちらは、まだまだ、そんなに寒く
ありません。最近やっと夏物のパジャマ
を着ました。

がめラさん、いつもコメントありがとうございます。
G&G社ですか。どこのメーカーでも、大した違いはないのでしょうか。
この手のハードケースは、確かに重い。。。まあ、「ハード」ですからね。(笑)

風の又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
なるほど、チャンピオンベルト。言い得て妙ですね。(笑)
写真だと、紫がかって見えますね。実物は臙脂ですが、、、、言われてみれば幾分紫も入っている感じはしますが、光の加減ですね。
お陰様で、楽しいギター人生です。あ、下手なのは横に置いておきます。(笑)
昨夜は雪でした。
来週は、雪の予報が多いですね。。。。そんな季節です。

ギターを守るのはケースですから
大事ですよね。
見た目も好みならなお良いですね。

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
万が一、たとえば本棚などが倒れてきたとき、ハードケースはギターを守ってくれるのでしょうか。。。。
自信はないですが。。
ケースにもよるのでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/62711870

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハードケース」第4弾・Guild D55:

« 解決!「Mahogany shaded maple sides and back」 | トップページ | Martin D-45 弦高調整す »