« マホガニーの音色にうっとりとして | トップページ | Guild D-44M 新たな発見 »

2015年11月12日 (木)

Guild D-44Mとそのケース

Guild D-44Mのオリジナルケースです。

Cimg7554

高級感溢れるアーチトップです。・・・が、見てのとおりボロボロです。

Cimg7556

かなり古びています。

Cimg7557

皮が剥がれかけています。

Cimg7558

木が剥き出しになっている部分もあります。

Cimg7559

でも、風格を感じるのです。

Cimg7555

Guildのロゴです。

拡大しますと・・・。

Cimg7561

薄い金属製のプレートが貼り付けられているような感じです。

横の全体像です。

Cimg7560

内部は青です。

Cimg7562

ネック部分です。

Cimg7563

ヘッドの下にはストラップを入れています。

Cimg7564

歴史を感じてしまい、なかなか新しいケースに変えられません。

ケースもギターの一部のような、そんな気がします。

愛着ですね。。。。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« マホガニーの音色にうっとりとして | トップページ | Guild D-44M 新たな発見 »

Guild D44M」カテゴリの記事

ケース」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー。
いやー味があっていいじゃないですかー。
自分のD-28のオリジナルケースも大事に保管してますよ。

丸に橘さん、はじめまして。先日はうちのブログにお越しいただき、ありがとうございました。

右のカテゴリーを見てみると、そうそうたる機種が並んでいて、すごいですね。

私の方はというと、メインのギターは 19歳のとき S.Yairi YD-306 を、一昨年フォルヒ G23-CRCT を買ったぐらいです。

本当はもう1台ぐらい増やしたいのですが、まだ自分で自分の音の好みもよく分からないような音オンチなんで、なかなか手が出ません(苦笑)。

メンテの話などにも感心してしまいました。私は基本、ほったらかしです;;;
そのせいか、 S.Yairi YD-306 のペグなど、かなりひどい状態です。

少し見習わなくては、と思ってしまいました。

あと、勝手ながらリンクさせていただきました。
今後とも、よろしくお願いします。

人と一緒でケースも味が出てきますね。
私の場合、カールトンのような良いケースを買えないのでオリジナルのままです>_<
L-48なんぞはボール紙です(笑)

こんにちは。
この頃の木のケースは重いんですが長持ちしますね。
Guildのプレートがしぶいですね!

こんにちは

個人的にはケースとギターは
一体のモノという感覚がありますね。
しばしばさんと同じく、
ケースも大切に扱っています(笑)

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
D-28のオリジナルケース!
滅多に眼にできない類いのものですね!
そういうのは、やはり大切にしたいですね。

J minorさん、ありがとうございます。
並んでいるだけで、すでにサヨナラしてしまったものがいくつもあります。(笑)
願望のものもあります。
19歳の時から。。。羨ましいです。
S.Yairi。「ジャパン」ですね。私もいつかは「ジャパン」を1本。
リンクありがとうございます。

akogiさん、いつもコメントありがとうございます。
ボール紙ですかあ~。(笑)
かなりの味が出てきそうです。(笑)
それもまた良し!ですね。

がめラさん、いつもコメントありがとうございます。
ぶっちゃけ、重いです。ギターも重いので、合わせて「これでもか!」ってぐらいです。
たぶん、「持ち歩き」には限界があると思います。
木ですからね。

mssumasumさん、いつもコメントありがとうございます。
けっこう埃をかぶるんですよね。
そう考えると、ギターの身代わりという立場で一体だなと思います。
まあ、義経にとっての弁慶でしょうか。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/62665980

この記事へのトラックバック一覧です: Guild D-44Mとそのケース:

« マホガニーの音色にうっとりとして | トップページ | Guild D-44M 新たな発見 »