« 消耗品・・・ | トップページ | Martin D-45、D-18GE、Guild D44M、G-312まとめて! »

2015年11月 1日 (日)

「Flagship」の心地よさ

Guild D55。

Cimg7379

GuildのFlagshipモデルです。

Flagshipというのは、元々は「旗艦」つまり艦隊の司令官が乗っている軍艦のこと。

そこから、「同じ種類の中で最高のもの」という意味が生まれたわけですね。

もちろん、それは「レギュラーライン」になくてはならないというのが前提となっているわけで。

ですから、スタンダードのMartin D-45を超えるモデルは数々あれど、FlagshipはあくまでもD-45なんですね。

同様に、Guildでは一貫してD55なわけです。

それを弾いている、というのは実に心地よいことで。

ただ、まだまだ「若造」(笑)ということもあり、、、、、

Cimg7470

修行中です。

それにしても、、、、

Cimg7471

どこから見ても、、、

Cimg7472

無様な格好ですよね。

何だか鼻の上に栓をされているみたいな。(笑)

いやいや、「修業」ですから。決して格好いいものではないのです。

「修業」です!

何はともあれ。がっつりとかけます。

これ、もう1個ぐらい欲しいですね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 消耗品・・・ | トップページ | Martin D-45、D-18GE、Guild D44M、G-312まとめて! »

Guild D55」カテゴリの記事

コメント

これが噂の物ですね。
効果はいかほどですか?過去ログ読むとなかなかの物だとか・・・。
これプラス、フラトピックでストローク挑戦しませんか?

がめラさん、いつもコメントありがとうございます。
効果あると感じています。
もちろん、ヴィンテージ物にかけても意味ありませんが、少なくとも私が持っている近年物には大きな効果があると思っています。
フラットピックでストローク・・・・私、フラットピックはチューニング以外ではほとんど使ったことないのです。(笑)
今度、挑戦してみます。
実は、「心の旅」とか「眼をとじて」とか弾きたいんですよね。

おー、ギター育ててますねー。
大事にされて丸に橘さんのギター達は本当に幸せですね。

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
まあ、「育てる」などと格好いいものではなく、自分で育てられないから機械に任せようという、言わば「手抜き」。(笑)
これから毎日、Martin D-45とGuild D55に交互にかけまくります!

以前、私もくっ付けたものをスピーカーにする物をギターに付け、トップを振動させてました。
悲しいかな、私の耳では変化に気付かず止めてしまいました。
ちゃんとした物は良いのかな!?

akogi305さん、いつもコメントありがとうございます。
多分に「気持ち」的なものかな、と。
こういうのを付けているから効果があるはずだ、という思い込み。私の場合も。もしかしたら。
思い込みの結果でも、いいんです。(笑)

おはようございます

私も挫折組の一人です(笑)
でも効果があるとする根拠については納得できているので、大小はともかく効果ありと考えることには賛成です
メーカーでも似たようなことはやってますよね
育つと音だけじゃなくて、腕やおなかに伝わる振動とかも変わってくるかもしれません
楽しみにしてます!

ziziさん、いつもコメントありがとうございます。
何と言いますか、「形振り構わず」ですかね。(笑)
さて、今日もこれからD-45にToneRiteを仕掛けます。

★トーンライト★
楽器成熟機ですが、ブリッチ近くに設置して、
数時間?起動させる。
・弦に設置→ブリッチ、トップへ振動が伝わる。

私が心配なのは、ブレイシング等のゆるみ
につながらないかと・・・・。

以前、ギタースタンドにギターを立て掛け、
スピーカー前に置き、音楽を聴かせましたが、
今一つ効果が現れませんでした。

今は、べっ甲ピックでストロークしていると
(ガンガン弾く)ギターが共振して、振動を
与えていると、よく鳴ってきました。
特に、ヤマハFG350(赤ラベル)は音が
大きくなりました。

やはりギターは弾いてやることで、鳴ってくる
ような・・・・。

★でも所有本数が多く、時間が潤沢にない
場合は、ギターの鳴りを引き出すアイテム
が必要でしようね。~♪

風の又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
さすがですよね。鋭い視点です。
可能性としてありますよね。ブレイシング、ブリッジ・・・。
「手抜き」の代償なのかも知れません。。。

丸に橘さん、こんにちは

お邪魔するの遅れてしまいました
私にとってのギルドは
ポールサイモンというイメージが強いですね。
実際のギターを弾いたことないので
音に関してはわかりませんけど…。
一度弾いてみたいですね。

mssumasumさん、いつもコメントありがとうございます。
ポールサイモンはジャンボサイズのギターでしたね。
ただでさえ重いGuildのギター。石を抱えている感じだったのではないでしょうか。
なんで重いんですかね、、、。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/62594242

この記事へのトラックバック一覧です: 「Flagship」の心地よさ:

« 消耗品・・・ | トップページ | Martin D-45、D-18GE、Guild D44M、G-312まとめて! »