« Martin D-18GEの音色 | トップページ | こんな順位に »

2015年10月 5日 (月)

Martin D-18GEとGuild D44M ネックの違いは

ギターそれぞれ、ネックの握り具合には違いがあります。まあ、あって当たり前ですけど。

以前も書きましたが、12弦ギターは別として、最も違いの大きいのが、

Martin D-18GE

Cimg7073

と、Guild D44M

Cimg7272

です。

が、それは握った感覚だけで、実際に測ったことはありません。

そこで!

1~6弦の弦間を測ってみました。

まずは、1フレット上対決。

Martin D-18GE。

Cimg7426

だいたい39mm。

Guild D44M。

Cimg7444

うーむ、36.5mmというところでしょうか。

次に、弦を爪弾くサウンドホール中央部対決!

Martin D-18GEは。

Cimg7428

微妙な判定ですが、55mmちょい欠け、ですかね。

Guild D44Mでは。

Cimg7445

おお。50mmちょっと。

最後に、ブリッジ部分対決!

Martin D-18GE。

Cimg7429

59mmと少し、かな。

Guild D44M。

Cimg7447

ほほう。54mmほぼジャスト。

これは。。。思った以上に違いが大きいですね。

1フレット上で2.5mm、サウンドホール中央部で約5mm、ブリッジ上でおよそ5mmと少し。

これだけ違うと、すぐに持ち替えるのは難しいですね。

MartinのGEは、幅広指板のために手放す人がけっこういるやに聞きます。

何となく分かるような気がします。私も指が短いので。。。

しかし、測ってみるものですね。

ということで、つまらない話題でした。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« Martin D-18GEの音色 | トップページ | こんな順位に »

Guild D44M」カテゴリの記事

ネック」カテゴリの記事

Martin D-18GE」カテゴリの記事

コメント

私も最初は44.5mはう~ん弾きづらいと感じておりましたが、コレが慣れてくると逆に43mが弾きづらいのなんのって感じです、ソロギターを練習していますが44.5mの方があってるみたいですね。両方を使いこなしているのは凄いと思います。でも人間の慣れってすごいですね。

中村さん、いつもコメントありがとうございます。
慣れ、なんでしょうね、やはり。
私の場合は12弦ギターもあるので、あるいは体が順応してくれているのかも知れません。これも慣れだと思います。12弦はもっと広いですから。。。今度測ってみます。

弦幅が広いのは指弾きし易いし、狭いのはストロークでまとまりがありますよね。
自分のギターではメリルC-28(44.5)が一番広くて、D-28(41)が一番狭いです。
ネックがシックリくるかは厚みとか形状とかもあるので数値だけでは分らないですよね。

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
なるほど。ネックの「幅」と「厚み」だけではなく。
たしかに、握り具合ということになれば。
しかし、D-28が41mmというのは随分細いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Martin D-18GEとGuild D44M ネックの違いは:

« Martin D-18GEの音色 | トップページ | こんな順位に »

最近のトラックバック