« 新品? 中古? | トップページ | Martin D-18GEとGuild D44M ネックの違いは »

2015年10月 4日 (日)

Martin D-18GEの音色

久しぶりに録画してみました。

Cimg7431

Martin D-18GE。

Cimg7072

録画は、いつも CASIO EXILIM EX-Z300 というデジタルカメラでしています。

いろいろな音の加工など、まったくしていません。というより、技がないのでできません。

機材もただの古~いデジカメですから。(笑)

撮ったまんまをアップロードしています。下手くそなのも、そのまんま。(笑)

しかし、恥ずかしげもなく、よく晒しますよね。。。。。

いや、聴いていただくのは私の腕ではなくて、ギターの音色ね。

そこんとこ、お間違いなく。(笑)

ということで、聴いてみてください。

まずは、「22才の別れ」のイントロ。

次に、「この秋に」のイントロです。

さて、如何でしょうか。

ご感想をお願いします。あ、くれぐれも、「音色」のね。(笑)

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 新品? 中古? | トップページ | Martin D-18GEとGuild D44M ネックの違いは »

Martin D-18GE」カテゴリの記事

コメント

マーチンって

きらびやかな音ですよね…

指弾き

憧れです❗

マラソン王子さん、いつもコメントありがとうございます。
このD-18GE、煌びやかだと思います。私にとっては、いい音色です。
私は、ストロークがダメなのです。力の加減が難しくて。それと、体力ですね。
軟弱者で。。
ですから、指引きとか言いながらも実はサムピックとフィンガーピックつけないと弾けません。弦に負けてしまうのです。

Dー18GEはやっぱりいいですね、アディロンとマホガニーの組み合わせですかね。
私もGEのオーナーで良かったと思います一生もののギターですね、マホガニーの音は
癒されますよ本当に、ローズウッド君には申し訳ないですが。
ローズウッドにはローズウッドの良さがありますけどね。
でも3本目はやはりマホガニーとアディロンの組み合わせかな、000-18GEなんかいいですね。
高いギターが買えない言い訳かも知れません。

中村さん、いつもコメントありがとうございます。
中村さんもD-18GEをお持ちでしたか。
アディロンダック・スプルースとマホガニーの組み合わって、そんなに良いのですか。
たしかに、同じマホガニーでも、一世代前のスタンダートのD-18とは、音色にものすごく違いがあるのです。
もちろん、ブレーシングやネックの幅などもあるかもしれませんが。
現行のD-18は、ほぼGEと構造が同じです。
どんな違いがあるのか、比べてみたいですね。

素晴らしい音色ですね
D-18GEはスタンダードと比べてすぐ分るのが太い音だということでしょうか、自分はD-18GEは弾いたことはないのですがD-18AUTHENTICは何本か弾いたことがあります。
GEもAUTHENTICもネックが太いですよね、ネックの太さが音にも影響していると思います。
アディロンとマホの組合せは最高だと思います。

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
D-18AUTHENTICというと、あの目ン玉が飛び出るぐらいの値段の。
それに比べれば、GEなんておもちゃレベルでしょうね。(笑)
私には十分な音色です。
ネック、確かに太いですね。数字では1.6mmの違いなのですが、弾いてみると1cmぐらいの違いに感じます。

GEは他の人が弾いているのを聴いたことはありますが、AUTHENTICとの差はパッと分る程ではなかったですよ。

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
きっと、私程度の耳でしたら、たいして違わないのでしょうね。。。。
プロには大きいのかも知れません。

■22歳の別れ
スリーフィンガーでなく、フォーフィンガー
で弾くのですね(アルペジオを別として)。

マーチンD18GE なかなか良い響き
ですね。~♪

風の又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
いやはや。バレてしまいました。
私、「スリーフィンガー」ができないんです。どうしても親指で3弦を弾くというのができなくて。
結局、「フォーフィンガー」。
流石の指摘に恐れ入りました。。。。

D-18GEをお褒めいただき、うれしいです。

私もスリーフィンガー出来ないんですよ、ツーフィンガーです。アルペジオは出来るのですが、ギターを始めた頃から出来なくて現在に至っております、ポールマッカートニーもツーフィンガーですし、問題ないですよね。

中村さん、いつもコメントありがとうございます。
人の不幸は蜜の味。(笑)
でも、松山千春さんも、岡林信康さんも、さらには正やんと組んでいた風の大久保一久さんもツーフィンガーですよ。
きっと、私みたいなフォーフィンガーもいると思います。
機動力があると思いますよ。ツーやフォーのほうが。(と強がりを言う)(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Martin D-18GEの音色:

« 新品? 中古? | トップページ | Martin D-18GEとGuild D44M ネックの違いは »

最近のトラックバック