« こんな順位に | トップページ | Martin D-18GE体内探検 »

2015年10月 8日 (木)

南こうせつさんのギター(2)

9/29の「南こうせつさんのギター」で、こうせつさんのMartinを紹介したのですが、しばしばさんから「あれ? こうせつのD-45は正やんと同じ71年製じゃなっかたでしたっけ???」という疑問をいただいていました。

そこで!

こんな本を見つけました。

Cimg7353

平成12年の発刊ですから、もう15年も前の本です。

古本も、インターネットのお陰で本当に手に入れやすくなりましたね。

さて、そこには!

ありましたよ。

Img_0000

南こうせつさんのMartin D-45が紹介されていました。

ここでは間違いなく「'71年製」となっています。

これが、「南こうせつさんのギター」で紹介したMartin D-45と同じかどうか、というのは、正直、分かりません。

たしかに、この「'71年製」はピックアップがついていますし、前回紹介したのはピックアップが付いていないという解説はありましたが。それをもって「別のギター」とは断定できません。

もっとも、9/29「南こうせつさんのギター」でお示しした本は、平成19年の発刊ですから、今回のよりは7年ほど新しいことになります。ですから、7年の間に「買い替えた」ということも考えられます。

うーん。考えれば考えるほど謎ですね。

それはさておき。

こんなのも紹介されていました。

Img_0003k

さすが、凄いスペックのものばかりですね。

この本には、正やんとパンダさんのギターも載っています。

正やんのTerry's Terry。

Img_0001

インレイがシブいですね。

パンダさんのGibson Dove。

Img_0002

これは、サドルが変わっています。Tune-O-Matic(チューン・オー・マチック)という、弦それぞれにサドルがあって、一つ一つ調整するタイプです。エレキギターと同じですね。私のような雑な人間には合わないかも。(笑)

しかし、Doveもカッコいいですね。

さらに、

Img_0003


まとめて。

パンダさんのMartin D-45は'72年製なのですね。

楽しそうな対談でした。

Img_0004

こちら、パンダさんが珍しくギターを弾いている映像です。しかも、Gibson Dove。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« こんな順位に | トップページ | Martin D-18GE体内探検 »

Martin」カテゴリの記事

Martin D-45」カテゴリの記事

YAMAHA」カテゴリの記事

コメント

こうせつさんのギターとは全然関係ないのですが、以前書かれていた内容で弦のエンドボール部分が切れたと
私も今日弦の交換をしている時に2弦がエンドボールから切れてしまいました、、長年ギターを弾いてますが
私も初めての経験でした、今日 弦をネットで注文したばかりなので、HEADWAY君しばしの休息です。
不良品なんですかね。

中村さん、いつもコメントありがとうございます。
そういうことがありました。驚きでしたね。
おそらく、何らかの原因で製造過程でエンドボールに巻き付けた部分が弱るような力が加わったのでしょうね。
他に、これまでに1回だけ経験があるのは4弦が切れたこと。
これも「へえ~」って思いました。

あー、これですね。
シリアルナンバーが今持ってるD-45とおなじです。
こうせつは1974に御茶ノ水のカワセで買ったD-45を盗難にあった後、このD-45を大阪のウェーバーで買っています。
間違いないと思いますよ。

やっぱりD-45コメを売って70年代前期のジャーマントップが欲しくなりますねー・・・

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
そうですか。
でも、こちらの方が掲載誌は古いのですが。
たぶん同じ物で、年代記載を間違えたのでしょうね。
それにしても、やはりジャーマンがいいのですか。
なるほど。。。

○日本のフォーク特集号
発行:H12年(2000)11月9日
(購入:2000年10月.21日)
私はリアルタイムに購入しています(笑)。

○マーティン・ヴィンテージギター・ガイド
サンエイムック 2013年10月14日発行に
”しばしば”さんの記載内容がありますね。
グローヴァー102Gのシルバーが同じよう。

★マーチン、ギブソン、ギルド、オヴェーション
も良いですが、T’&Tも良さそうですね~♪

シリアルナンバーを確認しないと、本人も勘違いしてる事がありますから・・・
僕なんか完全に1年間違ってたけど、よく調べたら、
シリアルナンバーはネック製造時に刻印されて、それがカスタム工房に回って手造りに半年かかって組み込まれると、1年くらいはずれちゃいます。
でもそのD-45は、こうせつさんなら間違わないか(笑)

風の又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
ああ~、「マーティン・ヴィンテージギター・ガイド」、持ってません。また古本で探します。。。。
T’&Tって、何だか飛び抜けて高いイメージがあります。

青井草茂さん、いつもコメントありがとうございます。
シリアルが分かれば、ですね。
Martinの通し番号制というのは一番明確ですよね。
Guildはもう、バラバラもいいとこで。。。
一貫性って必要ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/62435005

この記事へのトラックバック一覧です: 南こうせつさんのギター(2):

« こんな順位に | トップページ | Martin D-18GE体内探検 »