« やはり「D-45」 | トップページ | 「GE」ネック、いい感じ »

2015年9月14日 (月)

手にしたいギター

恥を承知で、リストアップしてみたいと思うのです。

これから、可能であれば手に入れたいギターたちです。

当然のことながら、Martin D-28(1962)は必ずや!です。

が、それ以外にも、、、、、。

資金的に、私の辞書に「不可能」という言葉がでっかく載っているのは事実です。

が、何事も思わなければ実現しませんし、「思う」だけなら只ですから。(笑)

まず、YAMAHA L-41。

L41

これはですね。まず見つかりませんね。ネットで検索できるすべての楽器店で売っていません。

この写真は、某ショップから拝借したのですが、もちろん、sold品です。しかも、かなり前の。

1980年代当時のYAMAHAレギュラーラインでは、最上位機種でした。定価25万円。

製作された期間が僅か数年でしたから、入手するのは極めて困難ですね。

次に、YAMAHA L-15。

L15

この写真も、上記のショップの物です。しかも、現行販売品です。

が、手が届きません。28万円!

確かに「高級ハカランダ単板」ですが、当時としては定価15万円。L-41の下位機種です。

もっとも、L-41と併存していたのはこのドレッドノートタイプではなく、ジャンボ(フォーク?)タイプの後継機種。

同じL-15でも、値段が格段に違います。10万円ぐらいの違いがあるのです。

私の好みは、もちろん、この1970年代ドレッドノート。

YAMAHAから2機種がランク・インしましたが、やはり日本人としては、ね。

そして、Guild D-55、1970年代。

D55

持ってはいます。近年物は。

と言っても、Fender傘下のTacoma工場製ですから、一世代前、いや、Fenderを離れた今、二世代前ぐらいの感覚かも知れません。

カミさんからのプレゼントですから、もちろん愛器です。

が、1970年代は「別格」ですよね。

Gibson Hummingbird。

Hummingbird

ちょっと前まで、「Gibsonの選択肢はない」などと嘯いていましたが、深く反省しております。

数か月前、久しぶりに都会に出まして、ある楽器店でHummingbirdを試奏したのです。

Martinとは似ても似つかぬマホガニー・サウンドに驚きました。同じマホガニーでも、D-18とは、まったく違うのです。

で、悪くはないかな、と。

ということで、シメはGuild D-40。

D40

Martin D-18、Gibson Hummingbirdと来れば、Guild D-40を外す理由は見つかりません。

これもやはり、1970年代以前ですね。

ああ、、、、今日はいい夢を見ました。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« やはり「D-45」 | トップページ | 「GE」ネック、いい感じ »

Gibson」カテゴリの記事

Guild」カテゴリの記事

Martin」カテゴリの記事

YAMAHA」カテゴリの記事

コメント

いや~、
●国産は
ヤマハのL-41、L-15は知りません
でした。
私の時代では、ヤマハはL-51~L54の
高級機種Lシリーズが有名です。
特にL-52(ブラックのポールサイモンモデル)
が好きです。

●ギブソン
バンドのバンマスが、1972年製のハイング
バードを持っていて弾きましたが・・・。
私には今一つでした。

●ギルド
F-50RやF-50(メイプル)のジャンボボディー
が好きです。

★私は、東京・新大久保のTHE中古楽器屋
から電話連絡を「一日千秋の思いで待ってい
ます」購入したらブログアップします。~♪

風の又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
YAMAHAのL-50番台。。。カスタムラインは「雲の上」です。とてもとても、私なんぞがランクインさせられません。。。。
Gibsonは、聞くところによると「70年代はダメ」なんだとか。構造がまったく違うようです。

Gibson、1964年のカントリーウエスタンという、ハミングバードからピックガードの装飾を抜いたようなドレッドノートボディの機種を持ってますが、ジャッキジャキのギブソンサウンドであります。
『元気です』以前の、吉田拓郎のレコードで聴けた音がしますよん。

shirabeさん、いつもコメントありがとうございます。
カントリーウエスタンとHummingbirdって、それこそピックガードの模様の違いだけなのでしょうか。
ということは、模様の好み、なのでしょうね。
そういえば、J-45とJ-50もそんな関係に似ていますね。聞くところでは、ナチュラル・フィニッシュがJ-50で、サンバーストがJ-45とか。本当かどうかわかりませんが。。

おっ、YAMAHAの2本は家からすぐ近くのショップです、と言うか市内です・・・
1962のHummingbirdなら最高ですよ(^O^)
自分もGibsonはHummingbirdと57年のJ-45も持っていますが、Martin系とは比べるギターではないですね、どっちも最高です。

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
そうですよね、それぞれ個性がありますから、「比べる」というものではないのでしょうね。材が同じでも、作りが違えば別物。
Hummingbird、62年は逆立ちしても。。。D-28だけで。。。
しかし、57年J-45ですか~。脱帽です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/62282539

この記事へのトラックバック一覧です: 手にしたいギター:

« やはり「D-45」 | トップページ | 「GE」ネック、いい感じ »