« GuildD55 少々硬め | トップページ | 心の満足 Martin D-45 »

2015年9月30日 (水)

Guild D44M キラキラ、ギンギン、ドスン!

ほぼ安定してますね。

Guild D44M。

Cimg7271

やはり、ほぼ40年の貫禄なのでしょう。

カーリー・メイプルのボディ。

Cimg7275

プレーン弦のキラキラ感。正直、Guild D55も完敗です。

特に2弦。キラキラ、ギンギン、です。

低音弦は、ドスン!と来ますね。これまた、Guild D55の完敗。

頑張れ!Guild D55!

ですから、「岬めぐり」を弾くと最高です。我を忘れて、サムピックとフィンガーピックで叩きつけるように鳴らしてしまいます。気持ちいい。。。

弦高。

Cimg7384

OK。

これから乾燥の季節ですが。。。

70年代Guild、最高です!

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« GuildD55 少々硬め | トップページ | 心の満足 Martin D-45 »

Guild D44M」カテゴリの記事

コメント

私もGuildと言えばジョン.デンバーですね、ライムズ&リーズンズが好きです
もう30年以上の話ですがジョン.デンバーにはまってまして、Guildのギター欲しかったなぁ。
で!2年ほど前に中古のDー125でしたっけ 、買ったんですけどあまりの音の鳴らなさに
すぐ手放してしまいました,機会があれば55が欲しいですね。

中村さん、いつもコメントありがとうございます。
D-125といえば、中国製の近年物。オールマホガニーのモデルですね。
表板までマホガニーですと、どんなんでしょうか。しかも、中国製となれば、「Guild」を冠していても。。。
ただ、持つならやはりやはり70年代以前ですね。
しかし、ジョン.デンバーにイムズ&リーズンズ。
Guildはカントリー系ですかね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Guild D44M キラキラ、ギンギン、ドスン!:

« GuildD55 少々硬め | トップページ | 心の満足 Martin D-45 »

最近のトラックバック