« 手にしたいギター | トップページ | Guild D55鳴る鳴る »

2015年9月17日 (木)

「GE」ネック、いい感じ

Martin D-18GE。

Cimg7070

所有しているMartinの中では唯一、ナット幅が1-3/4"(44.5mm)。

他はすべて1-11/16"(42.9mm)なので、1.6mm広いんですね。

ん? たったの1.6mm!

それが、実際に握ってみるとものすごく違うように感じるのです。

人間の感覚というのは、すごいものだと思います。

弦間も、全然違うわけです。おそらく、弦間の違いは0.3mmとか、その程度です。

それを、人間の手(指?)はしっかりと捉えるんですよ。

すごい。。。

ということで、私にはこの幅がしっくりと来ます。一緒に隣接弦を爪弾いて仕舞うというミスが、グッと減ります。弦間が僅か0.3mm広くなるだけで。

「岬めぐり」、満足しました。

毎日、一番最初に弾きます。体力(腕力?)使うので。疲れる前に。

上手く(あくまでも、自分の基準で)弾けると、嬉しいですよね。

山本コウタローさん、気持ちよく歌ってますね。

ヘッドのロゴから見ると、Morrisでしょうか。ピックガードはYAMAHAに似てますが。

いいギター使ってます。

しかし。。。

「時の流れ」を感じますね。

それにしても、Martin D-18GE。

Cimg7069

音色にうっとりとしてしまいます。

「D-45は要らないかも」などと、一瞬思ったりしてしまうほどです。

弦高チェック。

Cimg7008

サドル高。

Cimg7279

快調です。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 手にしたいギター | トップページ | Guild D55鳴る鳴る »

ネック」カテゴリの記事

Martin D-18GE」カテゴリの記事

コメント

D-18GEよいですねー!(^^)!
Martin系のDのマホが欲しくて、D-18もGEやらオーセンやら弾きましたが、結局メリルC-18を買っちゃいました。
そのメリルC-18もC-28に変わっちゃいましたが、このC-28は多分こちらでコメントされているshirabeさんのお知り合いの方が委託に出したギターだと思います・・・

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
メリルですか~。かなりのスペックですから、お値段もかなりの。。。
ぶっちゃけ、私のD-18GEは、「は?」という値段です。新品のD-18スタンダードよりも安かったですから。2008年製ですが、いい音色してます。

○私のマーチンD18(1974年製)ナット幅
は約43mmですね、D28(1979年製)
も同様。

○弦高は、D18が約3mm、D28が約4mm
です。

マーチンの取扱い説明書には、
「6弦を第1、12の両フレットで押さえた時、
第6フレットの真上で約0.4ミリ隙くように
調整されており」と明記されているので
気にせず使っています。

★それにしてもD18GEの響きはユーチューブに
アップしていますか?

参考にアドレスに私のD18とD28を紹介
しています。~♪

風の又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
木ですからね。水分によって結構動きます。
何もしていないのに、湿度で弦高が変わるというのは神秘ですね。
近く、D-18GEの音色をアップしますね。
曲は下手ですので、「音色」だけ味わってください。(笑)
サイト拝見しました。70年代のD-18はすごくいいと聞きます。D-28も70年代が高騰していますね。
ブルーケース、あこがれです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「GE」ネック、いい感じ:

« 手にしたいギター | トップページ | Guild D55鳴る鳴る »

最近のトラックバック