« 加藤和彦さんを偲びつつ | トップページ | やはり「D-45」 »

2015年9月12日 (土)

それにしても、久々12弦

もう何か月か弾いていなかったですね。

Guild G-312std。

Cimg7256

そんな罰当たりをしていると、、、、、プッツン!

あらら。。。チューニング中に弦が切れました。3コース副弦。

Cimg7248

ということで、辛うじてあったスペアに張り替え。

Cimg7249

プレーンの.008は、これで残1。買っておかなきゃ。

閑話休題。

12弦ギターと言えば、「あの素晴しい愛をもう一度」。

こんな動画を見つけました。

弾いてますね~。加藤和彦さん。

Martin D12-20でしょうか。マホガニー・ボディ、スロテッド・ヘッド、12フレット・ジョイントですね。

同じマホガニーでも、D12-18は基本ソリッド・ヘッドの14フレット・ジョイントですから、多分、D12-20です。

すごいですよね。12弦ギターを、「生指」で弾いてこれだけの音を出すのですから。(サムピックだけしていますが)

ボディに小指と薬指の2本を付けてのスリーフィンガーだから可能なのでしょうか。

私は、フィンガーピックを付けないと、とてもとても、、、弦に負けてしまいます。

対する石川鷹彦さんは、Martin D-76。神業です。

私も、頑張って弾きました。

Cimg7257

加藤和彦さんになったつもりで。人に聴かせられないレベルの下手さですが。

ホント、いい歌です。ポイントは、「素敵な」の部分。

うーむ。やはり12弦ですね。

弦高です。

Cimg7250

Guildのヘッドロゴ。

Cimg7253

アップ。

Cimg7254

カッコいいですね。

Guildは、安いギターでもちゃんと貝を使っています。うれしいですね。

皆さん、ぜひ12弦ギターを持ってください。大袈裟ですけど、、、、、「人生変わります」。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 加藤和彦さんを偲びつつ | トップページ | やはり「D-45」 »

12弦ギター」カテゴリの記事

Guild G-312」カテゴリの記事

コメント

12弦ギター、良いですよね。
自分も程度の良いF-512を中古楽器屋さんで見つけたときに、居ても立ってもいられず、22年間使ってた77年製のD-35を売り払って購入してしまいました。

shirabeさん、いつもコメントありがとうございます。
サイト拝見しました。F-512ですかあ~。Guildの12弦ギター最高峰ですね。何となく重そうな気がしますが。。
まさにジョン・デンバーですね!
私も、77年製Martin D-35よりも価値が大きいように思います。
それにしても、12弦サウンドは、病みつきになりますね。

12弦ギター買ったことないですー。
良さそうですねー。

今日は朝からMerrillを弾いてまったりしてます。

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
12弦、ぜひ。
今日は休日なので、私も「Martinの日」にしています。
でも、明日までに作らなければならない書類が。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/62268550

この記事へのトラックバック一覧です: それにしても、久々12弦:

« 加藤和彦さんを偲びつつ | トップページ | やはり「D-45」 »