« Birth year guitar計画 | トップページ | Birth year guitar計画 その3 »

2015年8月25日 (火)

Birth year guitar計画 その2

ヴィンテージMartin D-28やD-18、、しかもロングサドル期のものともなれば、やはり「100」という数字になるでしょう。円安の今日、ブツが米国から入って来る物だったりしたら、もっと高騰しているかも知れません。

これは、D-18(1962)。某サイトから拝借しました。

D1819621

こちらは、D-28(1962)のバック。すいません。。。某サイトからの拝借です。

D2819621

でも、思考を変えてみたらどうかなと思うのです。

二十歳そこそこの若者でも、ローンを組んで200万円も300万円もする自動車を買っています。考えても見れば、すごい買い物ですよね。

にもかかわらず、そんなに躊躇う人はいません。

私の職場でもそうです。

それどころか、100万円の車なんて、正直、「安物」扱いですよね。

ところが、自動車なんて数年で査定ゼロ。それでいて、また別の車に買い換えたりするわけです。

それを考えれば、100万円のヴィンテージギターは、10年経っても価値が下がることはありません。いや、むしろ上がっているかも知れません。

そう考えると、100万円のヴィンテージギターがすごく安く感じられてしまうのです。

皆さんはどうでしょうか。

そう思いませんか。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« Birth year guitar計画 | トップページ | Birth year guitar計画 その3 »

Martin D-18」カテゴリの記事

Martin D-28」カテゴリの記事

コメント

昔、バブル頃は楽器を投資目的で購入していた人がいましたね。
楽器に興味のない人は「100万円のギターなんで馬鹿じゃないの?」と言うかもしれませんが、好きな人にとっては安いものですよね!
丸に橘さん、買っちゃいましょう!

ギター弾きさん、いつもコメントありがとうございます。
私の文章は、まったく屁理屈ですよね。(笑)
買うことを何とか正当化しようという、まあ、言い訳と言いますか。
でも、意外と真実を突いていると思うわけですよ。
だんだん盛り上がってきました!
こういうのって、「勢い」が大切ですよね!

●ロングサドル
良い響きでしょうか・・・。
私の不純物(笑)ヤマハFG350赤ラベル
1970年製はロングサドルですが、ショート
サドルとの音の違いが分かりません・・。
(アドレス URLを参照して下さい)

●高価なギター
良いですね。我が家は、山の神(家内)に
お伺いを立てないとダメです。

●楽器店
ヴィンテージギターは、楽器店に委託販売
をお願いすると売値15%~20%の委託
手数料を払えば売れるのでそれほど損を
しないと思います(差額は自分が使用した
期間の使用料と思えば・・・)。

★一生モノのアコギを探して下さい

風の又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
ロングサドルって、どうなんでしょうか。長い分、弦の振動がショートよりもよく伝わるとは言われていますが。。。。。
いずれにしても、「神様」の許可が出ないと、、、、いずこも同じ、ですね。(笑)
それにしても、「使用料」というのは言い得て妙ですね。

楽器に、まったく縁も興味もないフーミンには
100万円もするギターなんて・・・もったいない!
な~んて夢のないことを言ってます( ゚Д゚)
好きなものは好きなんですよね。でも家の相方
が買うと言ったら、やっぱり「ばかじゃないの?」と
いうでしょう。車は役に立つけど、ギターは生活る上でやくにたつ?ああこれも夢がないcatface買う時は清水の舞台から飛び降りる覚悟かな?(ビンボーフーミン)の私感でした
失礼しました。confident

フーミンさん、コメントありがとうございます。
そうですよね~。(笑)
現実的に考えればね。
男ってヤツは、しゃーない人種ですね。屁理屈ばっかり。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/62155476

この記事へのトラックバック一覧です: Birth year guitar計画 その2:

« Birth year guitar計画 | トップページ | Birth year guitar計画 その3 »