« Guildの行く末は・・・ | トップページ | Grover 102G(その2) »

2015年5月31日 (日)

衝動買い

たまにね、やらかします。

衝動買い。

今回は、これ。

Cimg7133

Groverのペグ、102GVという物。

Groverの代理店?の神田商会のwebサイトによりますと、

「1960~70年代に存在したミルクボトル・スタイルを持ったロトマティック・マシンヘッドが「102Vシリーズ」としてラインナップに加わりました。
ルックスはヴィンテージながら、18:1のギア比を採用することで、より精度の高いチューニングが可能です」

とのこと。

まだ開封していませんのて、神田商会や他のサイトから拝借した画像を紹介しますか。

まずは外観。

102gv

軸の部分が丸い胴になっています。これが「ミルクボトル」と呼ばれるわけですね。因みに、現行品はこんな形です。

102g_now

四角いですね。その分、ヘッドにピタリと密着します。

でも、ミルクボトルの方がカッコいいのは確か。まあ、多分に好みだとは思いますが。。

ヴィンテージ・スタイルということですから、現行品と置き換えれば、ギターも何だかすごみが出そうな気がします。

これは反対側。

102gv_2

裏から見ると。。。

102gv_3

スマートですね。

正直、今のところ使う当てはないのですが、何となく買ってしまったという為体。

しばらくは、眺めて楽しみます。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« Guildの行く末は・・・ | トップページ | Grover 102G(その2) »

ペグ」カテゴリの記事

コメント

丸に橘 さん


こんにちは、335です。へ~、確か'60年代後半辺りのMartinには最初からグローバーが付いている物もあったような気がしますが、アコギ弾きの方でもペグをグローバーに替える方がいらっしゃるのですね ^^ 。

グローバーはロック系の方が、レス・ポールの音を積極的に変えようとする際の定番というイメージが強いです。私のレス・ポール・カスタムにもグローバーは載っていますが、カスタムとグローバーの相性は最高だと思います。

さて、どうなるかも楽しみですね!

335さん、いつもコメントありがとうございます。
レス・ポール・カスタム。カッコいいですよね。エレキならGigsonレス・ポールだなと、いつも思います。
アコースティックギターのMartin D-45みたいな存在なんですかね。
そこにGrover 102GVなんかが載ってたりすると、もうシビれますね。
うーむ、Gibsonという選択肢も、悪くないか。。。ロックなHummingbirdとか・・。

アコースティックギターのペグの値段ってどうなんですか?クラシックギターの場合は1万円を切るものから20万円近くするものがあります。
先日、東京へ出張の際、池袋の楽器店に寄ってペグの部品を買いましたが、プラスチックのローラー1個が税別4000円でした。本当に高いです。まあ、ペグ本体が12万円くらいしますから仕方ないですかね。

ギター弾きさん、いつもコメントありがとうございます。
鉄弦ギターのペグは、高くても30,000円ぐらいです。Waverlyの4060Gでしょうか。
クラシックはすごいですね。20万円!
ギターそのものも、クラシックの方が天井がすごいですよね。
Groverなんて、1万円以内で買えます。Goldは、メッキ代がかかっているので1万円ちょっとしますけど。
私が今回衝動買いしたのは、楽天で12,000円ぐらいですかね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/61673907

この記事へのトラックバック一覧です: 衝動買い:

« Guildの行く末は・・・ | トップページ | Grover 102G(その2) »