« 猛特訓の日・・・ヘトヘトです | トップページ | 偽物ねえ・・・ »

2015年4月26日 (日)

昨日に続く特訓に・・・

左手の指先が、もう悲鳴を上げています。

でもね、音色に誘われて弾いてしまうんです。

Guild D55。

Cimg660962

こと音色に関しては、安定感抜群です。Martinに比べれば、対費用効果的に最高ですね。

高音弦と低音弦のバランスが絶妙です。巻き弦のズンズンという響きと、プレーン弦のキラキラ感が堪りません。

2008年製ですから、7年近く経って熟れてきたということなのかもしれません。買ってからは5年ですが。

これはカミさんからのプレゼントなので、一生手放すことはできません。

でも、70年代のD55ってどうなんだろうなと思うことが良くあります。2008年でこれなのだから、、、と。

Cimg6975

弦高は、こんなところです。2.5mmジャスト。最高のコンディションです。

今日の2台目は、Martin D35。

Cimg5973

やはり古いだけあって、同じローズウッドでも乾いた音がします。でも、何かで読んでのですが、ブレーシングに特徴があって「優しい音色」がするとのこと。

弾いていて、いつも納得しています。ですから、D-35で「ホームにて」を弾くと、もうイントロから気分が違うのです。

Cimg5970

弦高は、、、、。

Cimg6973

こんな感じでした。

2mmちょっと。もう少しあってもいいんですけどね。ロッドが「回せるヤツ」じゃないんです。

最後は、Martin D-18GE。

Cimg6963

裏切らない音色ですね。

深みがあるような気がします。そのためか、どの曲を弾いても、合います。

omoromachiさんによれば、表板のアディロンダック・スプルースと裏板・側板のマホガニーは最高の組み合わせとのこと。しかも、木目の広いアディロンダック・スプルースは、音がいいと。

それが「深み」なのでしょうか。この、「ものすごく軽い」体躯から、なぜ「深み」のある音色が生まれてくるのか。。。

たしかに、「さすがの音色」です。

Cimg6979

この角度から撮ると、ブレーシングが見えます。サウンドホールのすぐ近くに迫っています。

いわゆる「フォワード・シフテッド」と呼ばれる位置ですね。

弦高は、このとおり。

Cimg6980

前回と変化なし。

ということで、今日は明るいうちに猛特訓が終わりを告げました。

指先がジンジンしています。。。。。充実感ですね。

しかしながら、ついつい思ったこと。

「35」を弾き、「18」を弾いたのに、なぜ「28」がないのか。。。

「いずれは、"同級生"を」と、決意を新たにしたのでした。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 猛特訓の日・・・ヘトヘトです | トップページ | 偽物ねえ・・・ »

Guild D55」カテゴリの記事

Martin D-18GE」カテゴリの記事

Martin D-35」カテゴリの記事

弦高」カテゴリの記事

コメント

D-18GEいいですよね、私も気に入ってます。今はこれ一本になってしまいましたが、次は000-28ECを狙っています。GEのサドルとナットはマンモスの骨だと聞いたことがあります。

中村伸二さん、コメントありがとうございます。
D-18GE、いいですよねえ。
次は000-28EC・・・有名なギターですね。ぜひレポートしてください。
マンモスの骨って、本物があるんですか!材料として。
ぎょぎょ。

ギターのコレクション凄いですね。羨ましい限りです、1962年のD-28を狙ってるとはこれまた凄いです。私も1962年生まれですがbirthday yearのギターは憧れますよ。今だと90~100位ですか、いつか手に入れたいものですね。ぜひゲットしてください。

中村伸二さん、コメントありがとうございます。
カミさんにいつも言われています。
「腕が悪いんだから、せめて道具ぐらいいい物になさい」
と。
今、「憧れ」実現のために積立をし、機材の整理を計画しています。
何かを得るためには、何かを失う、ということですよね。。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/61497466

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日に続く特訓に・・・:

« 猛特訓の日・・・ヘトヘトです | トップページ | 偽物ねえ・・・ »