« 今日はGuildで | トップページ | 昨日に続く特訓に・・・ »

2015年4月25日 (土)

猛特訓の日・・・ヘトヘトです

体力考えるべきか。

あまりギターに触れる時間が取れなかった4月。

それを取り戻そうと思ったわけでもありませんが。

休日ということもあって、いつものように幕が開き、、、もとい、Guild G-312を取り出し。

Cimg6853

12弦の定番になっている曲、

「あいつ」

「あの素晴しい愛をもう一度」

「歳時記」

「なごり雪」

・・・

ここで急に思い立って、「ホームにて」を弾いてみたら、12弦の音色がドンピシャ。

弾いてみるもんですね。レパートリーが一つ増えました。

ここで、Guild g-312は退場。

Cimg6762

次は、Martin D-45。これまた久しぶりでした。

Cimg6738

やはり縦ロゴの魅力。

Cimg6749

音色的には絶好調で大満足。。。。が、少し違いが。。。

音に微かな違いを感じます。弾いている感触も。「あれ?」という程度なのですが。

ん?と思って弦高を図ってみると。

これ、2月の写真が残っていました。

Cimg6729

こちら今日の写真です。

Cimg6970

微妙に下がっていますね。今日はほぼ2mmフラットです。

感じた違いはこれだったのですね。わずかこれだけの違いでも、大きく感じるものだということがわかりました。不思議なものです。

仕上げは、Martin D-41。ナッシュビル・チューニング。

Cimg6699

私のギターの中では、このD-41のコンディションが最も安定感があるのです。どっしりとした感じ。

にもかかわらず、ナッシュビル・チューニング。

うーん。D-41って、これと言った特色がないですよね。だから安定感もあるのかも知れませんが。

フラッグシップのD-45と、最もスタンダードなD-28に挟まれ。

D-42も似たような境遇にありながらも、ブレーシングがフォワード・シフテッドという強烈な個性の主張があり。

でも、D-41は「だからこそのナッシュビル・チューニング専用」ということなわけです。

真価を発揮しています。

それにしても、今日は、3本の特訓。

疲れました。。。。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 今日はGuildで | トップページ | 昨日に続く特訓に・・・ »

Guild G-312」カテゴリの記事

Martin D-41」カテゴリの記事

Martin D-45」カテゴリの記事

ナッシュビル・チューニング」カテゴリの記事

弦高」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/61492621

この記事へのトラックバック一覧です: 猛特訓の日・・・ヘトヘトです:

« 今日はGuildで | トップページ | 昨日に続く特訓に・・・ »