« 今日もまた、Guild | トップページ | 今日もまたMartin D-18GEで »

2015年4月19日 (日)

さらばMartin D-18、待ってたぜMartin D-18GE

久々のMartinネタですが。

「久々」の間に、こんなことになってました。

このMartin D-18を手放し、D-18GEを迎えたのです。

Cimg6861

なぜに手放したか?

それは、、、日によって大きな機嫌の違いがあることに疲れたのです。。。

いいときは、いい。しかしながら。。。という。

いゃねそれはD-18の責任ではなく、たまにしか弾かない私の責任だと思っています。

きっと、毎日のように弾いていれば、必ず結果を出してくれるD-18だったはずなのです。

それで、ね。毎日のように弾いてくれる方の元へ、と。

さて、以前、Martin HD-28Vを手放したとき、楽器屋さんでは「はあぁぁぁぁ・・・・」という値段でしか引き取ってくれませんでした。

そのとき、ときどきコメントをくださるギター弾きさんからは、オークションか委託販売に出すのがいいというアドバイスをいただいたのです。

そこで!

ちょっと、いきなりオークションというのは怖いので、楽器屋さんの委託販売に出したのです。

すると、まあ、すぐに買い手が付きまして。

状態が最高であるのはもちろんのこと、やはりピックアップが付いていること、ピックガードが鼈甲模様であることなどが高い評価を得たようです。

で、新たに迎えたのが、、、、Martin D-18GE。

Cimg6908

値段的には、D-18が売れて、実際に私の手元に入ってきた金額のほぼ倍でしたね。

ですから、そんなに価格差はありません。「定価」はすごい機種みたいですが。

それはですね、、、、ぶっちゃけ、打痕などがけっこうあって、、、、だと思います。

まあ、そんなの気にしない、気にしない。新品買っても、どうせいつかはそうなりますから。

サウンドホールの中には、こんなラベルが。

Cimg6906

木目がまたワイルド。

Cimg6905

こっちも。

Cimg6909

広いですよね。年輪の幅が。しかも、濃いのです。1本1本が。

心なしか、マホガニーも違うような気がします。

こちらは裏板。

Cimg6917

あらら。傷が。。。。この分、お安くなっております。

側板です。

Cimg6918

D-18スタンダードとは、どこか違いますね。

いろいろな違いは、いずれまた。。。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 今日もまた、Guild | トップページ | 今日もまたMartin D-18GEで »

Martin D-18」カテゴリの記事

Martin D-18GE」カテゴリの記事

コメント

GEとは何ぞや? と思ったのですが、ゴールデン・エラのGEだったんですね。ほほ~、色んな名前の型番があるようですねぇ。トップの木目はまるでエレキ・ギターにでも使われそうな感じです。

新しいD-18GE、こちらも音を楽しみにしています!

委託販売されたんですね。
私も委託販売で3本預けていましたが、1本だけ売れてまだ2本残っています。
気長に売れるのを待ちます。
先日、私もスイス人製作家のヴィンテージギターを買っちゃいました。日本にはほとんど入っていない楽器で、最初は100万円オーバーの値段がついていましたが、何とか買える値段になったので思い切って買いました。
傷は年代なりにありますが、音のほうは本当に素晴らしい楽器です。
最近は、この楽器ばかり弾いています。
新しい楽器を手に入れると練習も頑張ることができますね。

GEの木目は、広いところで5mm以上あるのではないでしょうか。けっこう気に入ってます。

ギター弾きさん、いつもコメントありがとうございます。D-18って、楽器屋さんに買い取ってもらうと8万円程度のようです。それが委託ですと手数料を引いても2桁の手取りとなりましたから、違いがありますねえ。
買取の場合はそうでないと、楽器屋さんも儲けが出ないですよね。
しかし、、、「100」ですか。。。。すごい。。。
でも、皆さん自家用車をお持ちですけど、平気で「300」だったりしますよね。それが、7年程度で査定「0」ですから。「100」のギターなんて安い物です。何年経っても査定は下がりませんから。

丸に橘さん、こんばんは。

D-18GE・・ウットリしますね。ゴールデン・エラシリーズはクオリティが高いですし、トップがアディロンダックでサイド・バックがマホガニーですからベストの組み合わせですね。

弾いていて自分に音が返ってきて気持ち良いギターだと思います。

アディロンは木目が広い方がいい音しますので、これから弾けば弾くほどいい音になりそうですね。

いや〜、凄いギターですねhappy01

omoromachiさん、いつもコメントありがとうございます。
同じGEでも、D-28と比べれば。。。。
ぶっちゃけ、値段的にはD-28の新品よりも安い買い物でした。「中古」っていいですよね。そういうところが。
木目って、そういうものですか。不思議ですよねえ。生き物ですね。やはり。
それと。。。店での計測では弦高2.7mmということだったのですが、我が家に来た途端、2.3mmぐらいに下がっていました。
気候ですかね。ホント、木は生きている・・・と思います。
そのせいか、ちょっとビリつくんですよね。ロッドを緩めようかと考えています。

335さん、いつもコメントありがとうございます。
木目が粗いのって、イメージ的には「雑」という感じですよね。
でも、むしろ音がいいとのこと。
エレキもそうなんですか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/61463920

この記事へのトラックバック一覧です: さらばMartin D-18、待ってたぜMartin D-18GE:

« 今日もまた、Guild | トップページ | 今日もまたMartin D-18GEで »