« 「35」復活! | トップページ | 気持ちのいい音色 Martin D-18GE »

2015年4月22日 (水)

Martin D-18GEのペグをクリーニングする

単品で買おうとすると、2万円ぐらいはするWAVERLYのペグ。

すっかりくすんで。

失った輝きを、少しでも取り戻せれば。

Cimg6940

外す手間を惜しんでしまった物ぐさな私。

もしかしたら、この方が手間がかかったかも。

しかし、、、ほとんど錆に近いかもね。

Cimg6943

こっちは、つまみの部分。

Cimg69431

用意したのは、これ。

Cimg6942

着古したYシャツの切れ端と、ステンレス磨き。

さらには、これ。

Cimg6945

使い捨てのビニール手袋。重要なポイントです。

ゴシゴシした結果。

Cimg6954

まずまずですかね。

それにしても、たしかにWAVERLYは高品質で格好良くて、、、、その分、値段もアレですけど、汚れますね。

結局は、

Cimg6944

裏側が磨けないんですよね。かなり汚いのですが。

オープンバックですから、ゴミも溜まりますし。

そのあたりを考えますと、やはり、ロトマチックが好きですね。私は、ですけど。

ということで、

Cimg6953

ライトゲージを張りました。

皆さんに、アドバイス。

ペグを磨くときは、面倒でもヘッドから外して磨きましょう。悪いことは言いません。その方が絶対にいいですよ。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 「35」復活! | トップページ | 気持ちのいい音色 Martin D-18GE »

Martin D-18GE」カテゴリの記事

コメント

はじめまして・・・・ ワタシは加藤工夢店というギターリペア工房を経営しております 加藤まさひろ と申します・・・

なんか・・・・My Life My Guitarさんとは好きな音楽の趣味が似てるなと思いメールさせていただきました

これからも楽しく読ませていただきます

加藤まさひろさん、コメントありがとうございます。
素敵ですねえ、リペア工房をなさっているというのは。blog拝見しました。
音楽趣味が似ているとのこと!
何だかうれしいです!
よろしくお願いいたします。

初めまして。このD-18GEは今、私のところに来ています。たくさん写真をアップして下さってるので見比べながら確信しました。ペグをピカピカにしていただいて感謝です!手に入れたときもきれいなのでビックリしました!代々ギター好きのオーナーを渡り歩いたんだと思いました。質問ですが、最近のD-18シリーズ(18Vやオーセンティック)は甘い匂いが強烈にしますが、この個体は今ほとんどその臭いがしません。そちらにあったときは臭いはあったのでしょうか?つまらない質問ですいません。ちなみに私の今の所有ギターはマーティンM-38とラリビーL-10、キャンダ404、ヤマハFG-130です。手放したギターはヤマハL-15。このギターはなぜか全然鳴りませんでした。

clipさん、初めまして。
そんなことって、あるんですね。
でも、実際はシリアルでしか確認できませんが。。。ロマンがあります。個人的にはマロンの方が好きですが。(笑)
ちょっと滑りましたね。(笑)
香りですか・・・多くはハードケースなどからの移り香かと思います。そのあたりは、よく分からないですね。記憶も定かではなく。
いろいろなメーカーのギターをお持ちなんですね!
これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Martin D-18GEのペグをクリーニングする:

« 「35」復活! | トップページ | 気持ちのいい音色 Martin D-18GE »

最近のトラックバック