« 「Gibson」という選択肢 | トップページ | 久しぶりのストローク・・・疲労困憊 »

2015年4月 2日 (木)

惚れ惚れするGuild D55

Guildほど毀誉褒貶の大きいギターはないかも知れませんね。

Cimg6500

私が若い頃は(いや、今でも若いとは思っているのですけれど)、Martin、Gibsonと並び立つギターだったわけで。

それもあって、その頃からのGuildファンの私は、D55、D44M、G-312と、音色の違うギターを所有しているのです。

でも、今はどういうわけか人気がないようですね。

ですから、60年代、70年代のビンテージ物が、けっこう安く(あくまでも相対的に、ですが)買えるわけで。私も恩恵を受けてますが。

しかしながら、近年物もいい音してますよ。

Guild D55。

Cimg5996

調子のいいときなんか、惚れ惚れしますよね。

音色を味わってしまいますね。

どうして人気がパッとしないのでしょうね。。。。。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 「Gibson」という選択肢 | トップページ | 久しぶりのストローク・・・疲労困憊 »

Guild D55」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/61378123

この記事へのトラックバック一覧です: 惚れ惚れするGuild D55:

« 「Gibson」という選択肢 | トップページ | 久しぶりのストローク・・・疲労困憊 »