« 気持ちのいい音色 Martin D-18GE | トップページ | 猛特訓の日・・・ヘトヘトです »

2015年4月24日 (金)

今日はGuildで

最近偏ってますね。

Guildの話題が続いたと思ったら、今度はMartin続き。

で、今日はGuild D44M。

Cimg6836

しかし、、、、重いこと重いこと。

Martin D-18GEの倍はあるように感じます。

D-18GEが軽すぎか。何せ、ペグはWAVERLYのオープンバックで、ボディはマホガニーという軽い材質。おまけにスキャロップド・ブレーシング。多分、セレクト・ハードウッドという本名不明のネック材も軽いのでしょうね。

Guild D44Mは、ボディどころかネックやヘッドまでメイプルですから。

Cimg6839

こちらはヘッドの裏です。

Cimg6841

古いメイプル、相変わらず甘いトーンの音色を奏でてくれています。

Cimg6832

手放せない逸品です。

こんないいギター、どうして復活しないのでしょうか。

近頃のGuildのサイト、見ていても今ひとつパッとしませんよね。ラインナップが。

Guildファンはたくさんいるんですけどね。。。。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 気持ちのいい音色 Martin D-18GE | トップページ | 猛特訓の日・・・ヘトヘトです »

Guild D44M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日はGuildで:

« 気持ちのいい音色 Martin D-18GE | トップページ | 猛特訓の日・・・ヘトヘトです »

最近のトラックバック