« やはり「こんな日もあるさ」Martin D-18 | トップページ | 憧れのヘキサゴン・インレイ »

2015年3月 3日 (火)

「ホームにて」とGuild D44M

おっ、これは。。。と思ったのが、

Guild D44M、

Cimg6558

と、この曲。

手前味噌でごめんなさい。

しかも、D55だし。(笑)

D44Mのオールド・メイプルの音色と合いますね。「ホームにて」は。

あ、くれぐれも誤解なく。D55はインディアン・ローズウッドです。

しかし、、、へタッピですね~。(笑)

いずれ、Guild D44Mで録画します。もう少し上達してからね。

Cimg6553

弦高です。

Cimg6820

前回より、気持ち高くなってますね。

「生き物」の証です。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« やはり「こんな日もあるさ」Martin D-18 | トップページ | 憧れのヘキサゴン・インレイ »

Guild D44M」カテゴリの記事

弦高」カテゴリの記事

コメント

丸に橘さん、こんばんは。

最後まで動画聴かせて貰いました。これだけ弾けたら楽しいでしょうね。 「Guild D44M」よく鳴ってくれていますね。流石、オールドメープルはサスティーンもあって気持ちいいです。

Guild D44Mは貴重なギターですね。昔山崎ハコさんが弾いていたギターだったと記憶しています。

沖縄は湿気対策が大変ですが、冬場は比較的湿度が低くなるので、ギターの音が気持ちよくなっています。

omoromachioさん、コメントありがとうございます。
山崎ハコさん、なつかしいですね。
ハコさんのD44Mは、棹がマホガニーのモデルですね。私のより、数年古いモデルです。
湿度って大切ですよね。こちらの冬は、加湿器フル稼働です。放っておくと、30パーセント台に落ち込みます。屋外は80ぐらいあるのですが。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/61225372

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホームにて」とGuild D44M:

« やはり「こんな日もあるさ」Martin D-18 | トップページ | 憧れのヘキサゴン・インレイ »