« 少し恢復し・・・Martin D-41を弾く | トップページ | Martin D-45 音色にうっとりと »

2015年2月 2日 (月)

ん? ネックがやはり。。。

指の痛みも、かなり治まりました。もちろん、油断は禁物。完全に治癒、とまではいっていません。

ですから、指に負担のかかる「岬めぐり」や「歳時記」、「秋止符」などは弾いていません。

そんな中、今日は、Guild D55。2008年Tacoma工場製。

Cimg5980

いつ見ても、惚れ惚れするギターです。

ヘッドもね。

Cimg6613

このロゴマークがたまりませんね。

あ、音色もね、最近、益々すばらしくなってます。これもまた、アレのお陰かな。(笑)

しかし、、、、、。

以前も書いたかも知れません。

なんとなく、、、

Cimg6706

ネックが太く感じられるのです。

Martinよりも、結構太い感覚です。同じGuildのD44Mより、遙かに太いですね。

ナット幅は公称43mmということですから、Martinの42.9mmとほぼ同じです。

うーん。0.1mmの違いを感じられるような神経をしていない私ですが。。。

次回は実測してみますかね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 少し恢復し・・・Martin D-41を弾く | トップページ | Martin D-45 音色にうっとりと »

Guild D55」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/61075599

この記事へのトラックバック一覧です: ん? ネックがやはり。。。:

« 少し恢復し・・・Martin D-41を弾く | トップページ | Martin D-45 音色にうっとりと »