« また「18」です。。。 | トップページ | やっと・・・Guild D44M »

2015年2月15日 (日)

ギターの値段とは

J-guitarとかデジマートなど、ギター販売サイトを見ていると、いろいろ勉強になります。

あ、このギターは、これが相場なんだな、とか。

ん?他より値段が安いけど、、、、あ、こんな修理歴があるんだ、とか。

「中古」は「新品」より安いんだな、とか。

「ビンテージ」は「中古」や「新品」とは格が違うんだな、とか。

もちろん、「へぇ~」というのも。納得の「へぇ~」ではなく、不思議な「へぇ~」。

たとえば、これ。

20150215_172831

Gibson DOVE CHSB 1964

年代からしてまさにビンテージですね。

税込プライス\885,600。来てますね~。でも、1964年なら、、、、。ですか。

そして、これ。

20150215_174827

Martin D-28 1952

ビンテージ納得の税込プライス\1,112,400。状態が良ければ、もう少し上でも、というところでしょうか。

このGibson DOVEやMartin D-28と比べてみると、

20150215_172854

Terry's Terry TJ-100 Custom NT 1994

年代的に中古ですが、税込プライス\1,134,000。

どうなんですかね。このあたりは、やはりネームバリューなんですかね。たしかに、ホンジュラス・ローズウッドや本鼈甲ピックガードというのはすごいし、貝のトリムも輝いていますけれど。

私なら、「Martin D-28 1952 > Gibson DOVE 1964 > Terry's Terry TJ-100 Custom 1994」ですね。

好みの世界ですが。

・・・・なんてことを考えながら、今日はそれらと比べるとグッと安物、Guild G-312を弾いて満足したのでした。

Cimg6199

まあ、へタッピな人間には、十分に。。

Cimg6758

満足です。

Cimg6756

ここ2日ぐらい、仕事で夜遅くなったり、取引先の接待で遅くなったりで、弾いていませんでした。

久しぶりの弦の感触。

いいもんですね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« また「18」です。。。 | トップページ | やっと・・・Guild D44M »

Guild G-312」カテゴリの記事

ギター」カテゴリの記事

コメント

楽器の値段はわかりませんね。
基本的にどこのメーカーか、製作者が誰か、材料は何を使っているかで基本的な値段は決まるようです。
後は製作年、傷の状態ですかね。
意外と音色は値段に反映していないような気がします。
それとお店によって若干の高い、安いがあるようです。
そのあたりをよくわかっていると損な買い物をしなくて済みます。

ギター弾きさん、お久しぶりです。いつもコメントありがとうございます。
なるほど、、、音色は。確かに、音色は見えませんし、主観的なものですからね。
あーーー、、、私は損するタイプですね。
よく調べて、見て、慎重に決めないと、いけませんよね。
目下の目標は、生まれ年のMartinを手に入れること。慎重に、ですね。
アドバイス、ありがとうございます!

本当に値段と音って関係無いですよね。エレキの話ですが、1959年のレス・ポール・スタンダードが3000万円の音がするとは思いません。でも、250万円くらいの音はするかな? とは思いますけど。

私にとっては1954年のレス・ポール (スタンダード/カスタム) の方がずっと素晴らしい音です。結局需要と供給で値段が決まるだけの話なんですよね。

ギョギョギョッ!335さん、レ、レ、レスポールって、そんなんですか!
Martinのビンテージがかわいく思えます。
なるほど、「需要と供給の法則」なんですね。「その値段でも欲しい」という需要が、「この値段で供給する」ということにつながるわけで、、、。
ギター弾きさんも仰るように、最も重要なはずの「音」は、値段にならない、と。
つまりは、それが「経済」というものなのでしょうね。

実はこの中の二本弾きました。
ダブは個性的な音でカラッとしていて見た目はキレイではないけど欲しいって思いました。
テリーは管理や個体差もあるけど半額でもいらないです。

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
すごい!このうち2本も!
うらやましいですね。
Hummingbirdをお持ちということでしたから、このDoveもあると「1964」揃い踏みに。。。
テリーズテリーは、私も興味ないですね。YAMAHA時代のL-41やL-15は触手が伸びますが。
L-41やL-15ってどうですか。

こちらこそ何度も失礼します。
丸に橘さんとは好きな音楽が同じようなので(^O^)

一番よく行くショップなんですよ、行くと毎回弾かせてもらっています。
YAMAHAは友達が持っていたL-53 Custom と所有していたLA-57 CUSTOMは弾いたことがあるのですがL-41とL-15は弾いたことないんです・・・
自分の主観では、YAMAHAは木の音って感じではマーチンと比べて・・少しビニールを被せたような・・・でも好みの問題ですね。
LA-57 CUSTOMは20万内で買って15万で売りましたが今は50前後と凄いことになっていますねー。
あっ、64年で今欲しいのはテキサンです、64年のナチュラルはポールが使っているので高いのでサンバーストがいいですね。

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。好きな音楽が同じというのはうれしいです。
しかし、うらやましいですねー。リムショットによく行けるというのは。
LA-57 CUSTOM。CUSTOMというのは魅力的な言葉ですね。
L-15は一度弾いたことがありまして、うーむ、と思いましたね。
しばしばさんはGibson系ですね。TEXAN、ぜひ手に入れてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/61142962

この記事へのトラックバック一覧です: ギターの値段とは:

« また「18」です。。。 | トップページ | やっと・・・Guild D44M »