« Guild G-312優しく奏でて | トップページ | ギターの値段とは »

2015年2月12日 (木)

また「18」です。。。

はい。

またもやMartin D-18の話題ですが。

Cimg6721

いや、D-18そのものではなく、、、、。

これ。

Cimg6713

My Guitarの中で、Martin D-45とD-18にだけ、これが付いています。

パッシブタイプの、メーカーも分からないような安物のピエゾピックアップです。

これ、太いんですよね。径が。

ですから、普通のストラップの穴では入りません。

私が使っているストラップたち。

Cimg6676

右側が、D-18用です。この写真はネック側です。

エンドピン側は、こうなってます。

Cimg6671

左側は、普通のエンドピン用です。右側のD-18用は、1cm径のポンチで穴を広げました。

付けると、こうなります。

Cimg6726

ピッタリなのはいいんですけどね。外れるんじゃないかという不安が脳裏をかすめます。

石川鷹彦さんのMartin D-45は、買ってすぐ、友人が試奏したときにストラップが外れて落下、トップとサイドが中が見えるぐらいに割れてしまったそうです。

まあ、石川鷹彦さんのD-45に比べれば、私のはおもちゃレベルのものですけれど。

プラグを差していれば大丈夫なのですが、まず使いませんから。

皆さんはどうしているんですかね。

知りたいところですね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« Guild G-312優しく奏でて | トップページ | ギターの値段とは »

Martin D-18」カテゴリの記事

ストラップ」カテゴリの記事

ピックアップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/61126372

この記事へのトラックバック一覧です: また「18」です。。。:

« Guild G-312優しく奏でて | トップページ | ギターの値段とは »