« Guild D55弦交換そして内部撮影 | トップページ | 今年、必ずマスターしたいのは・・・ »

2015年1月 8日 (木)

Guild G-312弦交換そして内部撮影

やっとここまで辿り着いた、、、、という感じですね。

Guild G-312。

この型番は、どんな意味なんですかね。「G」の意味とか。

「312」の「12」は、多分12弦ギターだからですよね。

あとはちんぷんかんぷんです。Martinは分かりやすいんですけどね。

それはさておき。

例によってのっぺらぼうから。

Cimg6495

光り輝くゴールドのペグが印象的です。

P1000789

では、内部を探検してみましょう。

エンドブロック方面。

Cimg6248

スキャロップド・ブレーシングがきれいですね。

ここから右回りに。(中を覗いて)

左ボトム周辺。

Cimg6249

左肩周辺。

Cimg6250

D55と違い、ストラップピン標準装備ではないので、スッキリしています。

ネックブロック周辺。

Cimg6251

右肩周辺。接着剤の処理が雑ですね。

Cimg6252

そして、右ボトム周辺ですね。

Cimg6253

こちらは、ブリッジ・プレート。

Cimg6254

あら?

Cimg6255

あまりきれいではないですね。

ただ、気にしすぎても仕方ないので、、、。

ブレーシング交差部から。

Cimg6256

サウンドホールからの夜空?

Cimg6257

きれいな焼き印です。

Cimg6266

ということで、いよいよ弦を張ります。

ブリッジピンです。

Cimg6496

番号は、弦の番号になっています。なぜこんなことをしているかというと、ピンの太さが微妙に違っていて、3種類ぐらいあるのです。つまり、「こっちの穴には入るけど、あっちの穴には入らない」というわけです。

Guildのいい加減さが、けっこう出ているなあと思います。

D'Addarioの弦です。

Cimg6497

ご覧の通り、エンドボールに色が付いていて、6つのコースの内、どこに張ればいいかがよく分かります。

というよりも、組み合わせを間違えなくて済む、という方が効果が大きいかも知れません。

こんな感じです。

Cimg6498

ブリッジピンで留めて、、、。

Cimg6500

それを鏡で映すと、、、。

Cimg6508

ぶっちゃけ、疲れます。半分張って、一休み。

Cimg6509

こんな感じ。

Cimg6510

やっと完成です。

Cimg6513

ブリッジピンも、きれいに収まっています。

P1000595

さあ、今年もいい音奏でます!

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« Guild D55弦交換そして内部撮影 | トップページ | 今年、必ずマスターしたいのは・・・ »

12弦ギター」カテゴリの記事

Guild G-312」カテゴリの記事

ギター管理」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/60942637

この記事へのトラックバック一覧です: Guild G-312弦交換そして内部撮影:

« Guild D55弦交換そして内部撮影 | トップページ | 今年、必ずマスターしたいのは・・・ »