« サムピックとフィンガーピック | トップページ | 猛烈な吹雪の日は・・・ »

2014年12月16日 (火)

石川鷹彦さんの不思議

さて、アコースティックギターのファンなら、石川鷹彦さんの名を知らぬ人はいないでしょう。

で、もちろん、

Works

さらには、

Works2

を読んでいる人は多いのではないでしょうか。

まあ、私もご多分に漏れず。

この2冊で、石川鷹彦さん所有ギターのすべてを紹介しているわけで。

ただただ、感動するのみ、、、、なのです。

が、不思議なことが。

以前、「Guildが1本もない」ということを書いたことがあるのですが、なんと!

「Martin D-28がない!」という事実も判明するわけです。

D28

え?

D28_h

ですよね。

D28_t

なんでですかね、、、。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« サムピックとフィンガーピック | トップページ | 猛烈な吹雪の日は・・・ »

Martin D-28」カテゴリの記事

コメント

私は、WORKS,WORKSⅡのCDを持っていますが、本があるのは知りませんでした。
今でも時々聴いています。
石川鷹彦さん、本当に上手ですよね。

石川鷹彦さんのこの本は持っていませんが、D−28を所有していなかったのにはやはりビックリしました。 
Martin D−28はアコギの基本モデルで、それが色々な工房でコピーされているギターと思っていました。 素人からみて、このスタンダードなギターがないとは・・・・ 余りに在りすぎて好きになれなかったのではないのでしょうかね・・・ホント不思議です。

ギター弾きさん、いつもコメントありがとうございます。
生の石川鷹彦さんは、一度しか見たことがありません。さだまさしさんのコンサートでした。私の席は一番奥でしたので、オペラグラスで見ました。感動しました。

omoromachiさん、いつもコメントありがとうございます。
不思議でたまりませんよね。
かく言う私も持ってません。(笑)
そこだけ石川鷹彦さんと同じです。(笑)
あまりにもありすぎて、皆さん持っているので、、、、というのが当たっているような気がします。
私は、いつか自分の生まれ年のMartin D-28が欲しいなあと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/60820869

この記事へのトラックバック一覧です: 石川鷹彦さんの不思議:

« サムピックとフィンガーピック | トップページ | 猛烈な吹雪の日は・・・ »