« Martin D-35締め括り | トップページ | Martin D-18:弦交換そして内部撮影 »

2014年12月30日 (火)

弦張りに勤しみ

いよいよ弦張りです。

まずは、Martin MSP4100。

なぜこれかと言いますと、プレーン弦が金メッキしてあってカッコいいからです。ミーハーなんです。(笑)

Msp4100

ライト・ゲージです。

Msp41002

近頃、「けっこう太いなあ・・・・」などと弱気になっています。次からはエクストラ・ライト・ゲージにしようかな、と。

12弦ギターは、これ。D'Addario EJ38。

Ej38

本当はMartinの弦を使いたいのですが、Martinは、3コースの副弦が.010なのです。D'Addarioよりも太いために切れやすいのです。ホント、すぐ切れます。D'Addarioは.008なので、滅多に切れません。

Ej382

考えてもみれば、Eでやっとの.010の弦をGで張ろうというのですから、土台無理です。

そして、ナッシュビルチューニングは、これ。

D'Addario EJ38H。

Cimg6520

12弦用のEJ38に「H」がついただけですから、副弦だけを取り出したのかと思いきや。

Cimg6521

なんと。

3弦は.009。EJ38の3コース副弦は.008ですから、違うのです!

理由は、わかりません。どうしてでしょう。知っている方、教えてください。

ということで、いよいよ作業です。

詳細は、正月休みの間に。。。。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« Martin D-35締め括り | トップページ | Martin D-18:弦交換そして内部撮影 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/60894354

この記事へのトラックバック一覧です: 弦張りに勤しみ:

« Martin D-35締め括り | トップページ | Martin D-18:弦交換そして内部撮影 »