« Martin D-41 弦取り外し | トップページ | Guild D44M仕事納め »

2014年12月25日 (木)

うーん、しばらくぶりのMartin D-18

ほんと、しばらく登場していなかったような気がします。

我がMartin D-18。

Cimg5929

時々手にすると、あまりの軽さに三歩歩まず・・・・はさておき、マホガニーの軽さにはホッとしますよね。

特に、Guildの肩に食い込む重さを味わった後は。

その軽さが、音の軽やかさに反映しているのかも知れません。

Cimg5924

このヘッドもきれいですね。金箔ロゴを嫌う人もいますが、私は好きです。

さて、年末を迎え、お色直しです。

明日、弦を外します。

今年最後の弦高。

Cimg6272

2.5mmを少し切ってますか。加湿器2台フル稼働していますが、湿度50パーセントがやっとです。

「神田川」をしみじみと弾きました。

最近、D-18での「S.Yさん」が絶好調です。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« Martin D-41 弦取り外し | トップページ | Guild D44M仕事納め »

Martin D-18」カテゴリの記事

弦高」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/60865553

この記事へのトラックバック一覧です: うーん、しばらくぶりのMartin D-18:

« Martin D-41 弦取り外し | トップページ | Guild D44M仕事納め »