« Guild D44M仕事納め | トップページ | Martin D-35締め括り »

2014年12月28日 (日)

Martin D-18 しっかり磨いて

いよいよ押し詰まってきましたね。

Martin D-18も御用納めを迎えました。

Cimg5930

うーむ。「神田川」はやはりD-18でしっくりきますね。

マホガニーの音は、ローズウッドとはまったく違うのです。

大変明るめの音色にもかかわらず、「神田川」のアルペジオは実に切なく聞こえるのです。

不思議ですね。

弦を外したサウンドホールです。

Cimg6401

こちらは、内部のMartinロゴ。

Cimg6402

また来年、素敵な音色を奏でてくれますように・・・。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« Guild D44M仕事納め | トップページ | Martin D-35締め括り »

Martin D-18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/60880676

この記事へのトラックバック一覧です: Martin D-18 しっかり磨いて:

« Guild D44M仕事納め | トップページ | Martin D-35締め括り »