« Guild G-312ゆっくりと爪弾く | トップページ | サムピックとフィンガーピック »

2014年12月14日 (日)

6弦落ちてしまう。。。

我が愛器、Guild D44M。

Cimg6088

音色は固より、ネックの状態にしても、弦高にしても、サドル高にしても、ボディの状況にしても、非の打ち所がありません。

Cimg6095

ネックの握りやすさも、抜群です。

が、以前も書いたことがあるような気がしますが、他器と比べると若干、ネック幅が細いんですね。

その分、6弦と指板の縁も際どくなっているわけです。それこそ、1mm以下の世界の話だと思うのですが。

それでも、6弦を押さえに行くと、ときどき勢いで落ちてしまうことがあります。大概は、中指の時ですね。しかも、3フレット以上の場合。まあ、2フレットは滅多に使いませんし。1フレットはFですが、これは上から親指で押さえていますから、問題ありません。

気をつけてはいますが、下から押すように行く場合は、まずOUTです。意識して、上空から行くようにしようと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« Guild G-312ゆっくりと爪弾く | トップページ | サムピックとフィンガーピック »

Guild D44M」カテゴリの記事

コメント

ギターたくさんお持ちの様ですから、
弾いていると感覚を合わせるのが大変ですね。
ギターは弦長や弦の幅、それに弦の種類と千差万別。
メインの楽器の感覚がずれない様に^^

感覚の違いは、大きいですよね。
きっと、ガットギターもそうだと思いますが。。
同じGuildでも違いを感じます。
重さもまったく違いますし。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6弦落ちてしまう。。。:

« Guild G-312ゆっくりと爪弾く | トップページ | サムピックとフィンガーピック »

最近のトラックバック