« Martin D-35で静かに・・・ | トップページ | 「ヘキサゴン」の魔力 »

2014年11月13日 (木)

材質でこんなにも。。。

Martin D-18。

Cimg5839

いいギターです。間違いありません。

マホガニーの音が、よくわかります。

Cimg5927

実にブライトな、すばらしい音です。

・・・しかしながら、同じ「18」ではありますが・・・ギターショップで、Martin D-18GE(中古)を試奏してしまったのです。

「えっ?」という驚きを隠せませんでした。

同じ「18」なのに、どうしてこんなに違うの?

Martin D-18 Golden Era。

表板がアディロンダック・スプルース。

その違いでした。

私は、時を忘れて弾いてしまいました。商売の邪魔だったかもしれないのに。いや、邪魔でした。

しかも、買わないのに!

と言うか、今のところ、買えません。中古で30万円は必要ですね。

カミさんの決裁がおりません。

が、「アディロンダック・スプルース」のすごさを、しっかりと感じることができました。

楽器店は、行ってみるものですね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« Martin D-35で静かに・・・ | トップページ | 「ヘキサゴン」の魔力 »

Martin D-18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/60647108

この記事へのトラックバック一覧です: 材質でこんなにも。。。:

« Martin D-35で静かに・・・ | トップページ | 「ヘキサゴン」の魔力 »