« ナッシュビル・チューニング | トップページ | Martin D-35で静かに・・・ »

2014年11月10日 (月)

石川鷹彦さんの本

こ今日は、指休めの日。

甘皮が割れてしまったことは書きましたが、その養生ということで。

でも、「岬めぐり」「22才の別れ」「なごり雪」だけ弾きました。

Cimg5256

Martin D-41ですね。「なごり雪」は、静かなアルペジオのバージョンとスリーフィンガーのバージョンと。

いずれも自己アレンジ。

最近、自分のテーマソングは「なごり雪」かな、と。

で、今日は「CD付コンプリートブック 石川鷹彦WORKS II」について。

71fak1sx6l

買ってしまいました。

凄いですよね。やはり石川鷹彦さん。

永久に追いつけません。当たり前ですけど。

石川鷹彦さんの100本に迫ろうかというコレクションには驚かされますが、その中にGuildが1本もない、ということにも驚かされます。

皆さんも、是非この一冊を。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« ナッシュビル・チューニング | トップページ | Martin D-35で静かに・・・ »

Martin D-41」カテゴリの記事

コメント

丸に橘 さん


こんばんは、335です。GUILDが一本も無い!? なんでやねん!!! …それだけ言いたくなりました (^^)。

335さん、いつもコメントありがとうございます。
何故でしょうね。。。。
謎です。
謎が益々深まりました。
GibsonもJ-50が1本、J-200が1本あるだけです。もしかしたら、J-200は手放しているかも知れません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/60631506

この記事へのトラックバック一覧です: 石川鷹彦さんの本:

« ナッシュビル・チューニング | トップページ | Martin D-35で静かに・・・ »