« 10日ぶりMartin D-18 | トップページ | 乾燥に打ち勝つ! »

2014年11月 6日 (木)

メイプル「シロップ」

そうですね。

メイプルと言えば、我がGuild D44M。

Cimg5902

いつもながら、気持ちのいい音色。

マホガニーにも、ローズウッドにもない、まさにメイプル「シロップ」。。。。ですね。

ところで、これから冬を迎えるに当たり、必需品はこれ。

Cimg5936

隣の部屋にも。

Cimg5938

こちらはアナログ。

隣の部屋と言っても、間は開放していますから、実質的には一つの部屋。

にもかかわらず、湿度に違いがありますね。

どうしても誤差がありますから、2か所ぐらいは置いておきます。

45ぐらいに下がると、加湿器を使います。

さて、皆さんはどんな管理をしていますか。

私は、45を切ったらケースから出しません。加湿器で47ぐらいまで回復してからチューニングします。

それは神経質だと思われる方もいらっしゃるかとは思いますが、割れたらおしまいですからね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 10日ぶりMartin D-18 | トップページ | 乾燥に打ち勝つ! »

Guild D44M」カテゴリの記事

コメント

丸に橘さん、
こんにちは。少し神経質な位が良いかも^^
私の愛器は部屋に出しっぱなしのせいか
表面板に二筋のヒビが・・・Guild D44M大切にしてくださいね。

メープルは独自の柔らかい音がしますよね(私は持ったことはありませんが・・・)

湿度管理大切ですよね。 沖縄は湿度が高いので、殆ど除湿が必要となります。湿気ったらギターが鳴ってくれません

本土の方では乾燥対策が必要なのですね。 私は適当なのですが、丸に橘さんはしっかり管理されていますのでギターも喜んでいると思います

TAKE○△ さん、コメントありがとうございます。
あらま、、、ヒビが、、、。心中、お察しいたします。
後悔先に立たず、ですもんね。
塗装割れだけならともかく、板まで行っちゃいますと、、、。
大切にいたします。

omoromachiさん、いつもコメントありがとうございます。
録音してしまうと、違いがあまりよく分からないのですが、生音ではかなり違いますよね。古いメイプルは、すばらしいです。
冬の湿度管理は重要です。室内では暖房をガンガン焚きますので、35パーセントぐらいまで下がります。
乾燥は板割れを引き起こしますので、大敵です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メイプル「シロップ」:

« 10日ぶりMartin D-18 | トップページ | 乾燥に打ち勝つ! »

最近のトラックバック