« Guildで特訓の一日 | トップページ | 「ホームにて」Guild D44M続き・・・その2 »

2014年11月28日 (金)

「ホームにて」Guild D44M続き・・・

「ホームにて」って、けっこう難しいんですよ。

特に間奏がね。

この間奏は、実はGuild D44Mが一番弾きやすいのです。

Cimg6051

なぜならば、ネックの握りが細い、、、いや、細く感じるからなんです。

測ったことがないので、他と比べて細いかどうかは断言できません。幅なのか、太さなのかというのもありますから。

いずれにしても。親指を上から押さえ込むのが多いので。Guild D44M。

まず、「G」。

Cimg6060_g

これ、小指は押さえていません。6弦を弾いた後、2、4弦の解放を弾きます。

そして、

Cimg6062_g2

2弦1Fと4弦2Fから、それぞれ開放弦にプリング・オフして、3弦2Fへ。

Cimg6063_g3

本日、力尽きました。。。。この続きは、また明日。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« Guildで特訓の一日 | トップページ | 「ホームにて」Guild D44M続き・・・その2 »

Guild D44M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ホームにて」Guild D44M続き・・・:

« Guildで特訓の一日 | トップページ | 「ホームにて」Guild D44M続き・・・その2 »

最近のトラックバック