« 満喫 | トップページ | 哀愁漂う・・・ »

2014年9月24日 (水)

レギュラー・チューニング復活

Martin D-41ですね。

これまで、しばらくの間ナッシュビル・チューニング専用器になってもらっていました。(擬人法)

で、久々にレギュラー弦に交換です。

Cimg4833

いやあ、やはりD-41。いい音色を醸し出してくれました。

ということで、フルコース。

代わり映えしませんが。。。。

「神田川」(最近、一番最初に弾くようになってます。何でかな。自然に弾いちゃいます)

「ホームにて」(近頃は二番バッターが多いですね)

「S.Yさん」

「歳時記」

「あいつ」

「秋止符」

「花嫁」

「海岸通」

「なごり雪」

「22才の別れ」

「あの素晴しい愛をもう一度」

「岬めぐり」

そして、、、

「精霊流し」(これは実に久々でした)

しかし、、、ホント、代わり映えしません。よく飽きずに弾いてます。と、自分を誉めてしまいました。

もちろん、D-41はナッシュビル・チューニングでも大きな力を発揮してくれます。

というよりも、その大役をこなせるのは彼しかいません。(擬人法)

ま、今回は一時的な休暇ということで。。。

その間、ナッシュビル・チューニングは欠員です。

« 満喫 | トップページ | 哀愁漂う・・・ »

Martin D-41」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/60369449

この記事へのトラックバック一覧です: レギュラー・チューニング復活:

« 満喫 | トップページ | 哀愁漂う・・・ »