« やはりこのピックガードだなあ | トップページ | 久しぶりのMartinネタ »

2014年9月11日 (木)

ん~・・・やはりGuild D44Mだなあ

優しい。
たまらないこの音色。
P1000708

またもやGuild D44M。

この優しい音色は、Martin D-45にも、Guild D55にも出せません。

70年代のメイプルボディ、Guild D44M。

不思議。

弾きながら、自分の心が「優しい気持ち」になっていくのです。

特に、プレーン弦の響き。たまりません。本当に、たまらない気持ちになります。

切なさを併せ持った優しさなのでしょうか。

だから、ついつい、中島みゆきの『ホームにて』を爪弾いてしまうのです。

「ふるさとに向かう最終に

乗れる人は急ぎなさいと

優しい優しい声の駅長が

街中に叫ぶ・・・」

Guild D44M。

隠れた名器です。

« やはりこのピックガードだなあ | トップページ | 久しぶりのMartinネタ »

Guild D44M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ん~・・・やはりGuild D44Mだなあ:

« やはりこのピックガードだなあ | トップページ | 久しぶりのMartinネタ »

最近のトラックバック