« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

やはりどうしても・・・Martin D-45に惚れ惚れ

同じMartinのインディアンローズウッドでも、D-35とはかなり音色が違います。

甘く、高尚な香りが漂っている感じです。

P1000815

久しぶりに取り出しました。

最近、D-45に限らずなかなか弾けません。ブログも滞りがちで。。。

今朝は早起きして一念発起、ようやく弾けました。

ただ、もっともっと弾かないと、音もこなれませんよね。

弾き込んで、年月が経つごとに音色が変わるということです。

それが、D-35との違いにもなっているのでしょうね。

がんばります!

2014年8月23日 (土)

やはりMartin D-35を抱えてしまったか

Martin HD-28Vとサヨナラして一週間。

一時を共に過ごしても「愛器」にできなかった悲しみもありますが、ぶっちゃけ、それよりも楽器店に引き取ってもらったときの評価の悲しさのほうが大きかったですよね。

でも、弾かないのに持っていたって仕方ないですからね。。。

まあ、そうでないと楽器屋さんも利益出ませんよね。。。

ギター弾きさんに「委託」とか「オークション」とかのことを教えていただきましたので、もしこれからそういうことがあれば、生かしたいと思います。

それにつけても、その心を癒やすために抱えたのが、やはりMartin D-35。

Cimg4806

西暦で言うと1967年生まれですから、私と5歳違いの47歳。我が家のギターの中では最年長。それだけ「心」がわかるのかもしれませんね。傷だらけ、修理だらけのボディには、優しさを感じます。

そして、枯れた音が心に沁みます。もちろん、『神田川』。

いつものように、岬めぐり、22才の別れ、あいつ、秋止符、海岸通、なごり雪、ホームにて、S.Yさん、歳時記、花嫁を弾いて。

今、新曲?として『卒業写真』ハイ・ファイ・セットのバージョンを練習してます。

2014年8月16日 (土)

さらばMartin HD-28V

何と言いますか。

合わなかったんですね。やはり。

P1000450

いいギターなんですがね。

同じローズウッドでも、他はいいのにこれだけが『神田川』とマッチしなかったわけです。音がね。

構造なんでしょうか。それとも個体なんでしょうか。

たしかに、フォワードシフテッド・ブレイシング、さらにはスキャロップド。

Guild D55もスキャロップドですから、構造の問題ならフォワードシフテッドということになりますか。

あるいは、ペグかも知れません。唯一のオープンバックでしたし。

わかりません。

個体かも知れません。

いずれにしても、私の『神田川』基準に適合しませんでした。

ということで、サヨナラしたのです。

それにしても、楽器屋さんに引き取ってもらうと、悲しいばかりの値段になってしまうんですね、、、。

さらば!Martin HD-28V!

新しい出会いを!

2014年8月10日 (日)

ギターの魅力とは

いい大人が夢中になっちゃうわけで。

12弦ギターなんかも、中学時代から憧れでした。

以来、40年ですよ。思い続けて。

やっと手にしたのが、Guild G-312。

P1000389

ところで、どうして「G」なんでしょうね。

「312」の「12」が12弦という意味なのはわかります。また、「3」はローズウッドということのようです。マホガニーの12弦が「212」なので、「2」はマホガニーみたいです。

そのうち、調べてみます。

それにしても、12弦の奏でる世界。言葉になりません。。。。

2014年8月 6日 (水)

暑いからこそ練習(Guild D44M)

暑いとは言っても、ちゃっかり冷房入れてる訳で。

ジトジトしてるとは言っても、ちゃっかり除湿器をかけてるわけで。

その上扇風機まで回しているわけで。

久々のGuild D44Mにとっては、最高のコンディション。

Cimg4801

Guildの昔のピックガードって、いつまで眺めていても飽きないですね。

おまけに、古いメイプルの音の煌びやかなこと。もう、たまりません。時を忘れて弾いてしまいます。

しかも、Guildは驚くほど安い値段で売ってます。

皆さん、ぜひGuild D44Mを手に入れてください。

ガットギターのメイプルはどんな音がするのでしょうか。

このMayukoさんのギターはメイプルとのこと。

何だか欲しくなりました。

2014年8月 3日 (日)

こんなことでは。。。

8月になってしまいました。

blogを書くのも久しぶり。ギターを弾くのも久しぶり。

Martin D-45を手にしたのもすごく久しぶり、、、、でした。

P1000817

いけませんね、こんなことではね。

岬めぐり、神田川、あいつ、花嫁、歳時記、ホームにて、S.Yさん、なごり雪(かぐや姫バージョン)、22才の別れ、海岸通、、、、。

まあ、いつもの曲ばかりです。相も変わらず。代わり映えしませんね。

でも、満足と言いますか、納得と言いますか。ガスは抜けました。(笑)

Martin D-45の甘い音色にもね。

さて、次のチャンスにはどれを奏でますか。。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »