« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月19日 (土)

久しぶりに弾きました

何ですかね。

今月は出張が多くて、ギターを抱える時間もそんなにとれませんでした。

で、久しぶりにMartin D-35。

P1000852

これも不思議なんですよね。

これまで時間がなくて弾けなくて、またこの先あまり弾けない、、、、というときに手にするのが、Martin D-35なんですね。D-45ではなくて。

Martinクラックの修理もしているし、裏板もクラックがあって修理しているんですけどね。だから、「値打ち」的にはたいしたものではないのです。

でも、やはり音なんでしょうね。

それでまた、まず弾くのがこれ。

この先、これを超える歌が生まれることがあるのでしょうか。

2014年7月14日 (月)

ヘッドロゴの魅力(5)Martin D-41

 ホント、昨日まで出張でした。

 で、また明日から3日間、出張。

 合間を縫っても、blog更新もままならず、なかなかギターも弾けず。

 それで、ケースに入れたまま撮影という手抜き工事。

Cimg4780

 んー。やはりこれですね。ナイスですね。

 いわゆる「縦ロゴ」です。ギター人の間では、たぶん、「縦ロゴ」というのは固有名詞になっているんじゃないですかね。

 私なんぞ、腕の悪さを「縦ロゴ」で隠すという技が使えます。(笑)

 これはD-41ですけど。

 よし、出張から戻ったら、縦ロゴ弾くぞ!

2014年7月 9日 (水)

ヘッドロゴの魅力(4)Martin D-35

 Martinもいろいろなヘッドロゴがありますよね。

Cimg4741

 これは、D-35。

 金色の文字に、黒の縁取り。

 遠くから見ると、意外と目立ちません。ちょっと控えめ、ですかね。控えめのMartinというのも、けっこうシブい。

 HD-28Vも同じです。

 近頃は出張が多くて、なかなか更新できず。途切れ途切れです。。。。。

 「途切れ途切れ」と言えば・・・。

 しかしですね。飛鳥涼さん、更正して欲しいですね。

 やはり天才ですよ。素晴らしい歌ばかりです。事実としてね。

 だから、なおさら。

2014年7月 6日 (日)

ヘッドロゴの魅力(3)Guild D55

 これはやはり、憧れに中の憧れ。

Cimg4751

 Guild D55。「G」マークのインレイが特徴的。

 でも、Guildって、今はそんなに人気がないんですね。どうしてですかね。

 そういえば、石川鷹彦さんや伊勢正三さんも持ってませんよね。そういうのもあるのでしょうか。

 まあ、好みですからね。

 出張中で、なかなか更新できませんでした。今も宿で書いています。

 今日、帰途につきます。

2014年7月 2日 (水)

ヘッドロゴの魅力(2)Guild D44M

 うっとりするような音を奏でてくれる、Guild D44M。

P1000794

 Guildっていうのは、私の世代にとっては憧れのギターでしたね。もちろん今も憧れです。

 D44Mは、山崎ハコさんのトレードマークでしたね。

 古いメイプルの音は、実にうっとりとさせてくれます。

 でも、何ですかね、Gibson DOVEは、あまりほしいとは思わないのです。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »