« 我が青春のフォーク | トップページ | 『22才の別れ』をMartin D-18で »

2014年6月 8日 (日)

サドルが気になる(7)Guild G-312std

 休日の12弦。

 調弦しただけでぐったりするとは、以前も書いたとおり。況んや弦交換をや。

 まあ、弦交換まではしてませんけど。いつかは必ずその日が来ます。

 そういうこともあって、12弦ギターを引っ張り出すのは、基本、休日のみ。

 それはともかくとして。

 サドル。

P1000591
 3.5mmの高さにて弦高は2.5mm。

 ホントはね、12本も弦があると、押さえるのが大変だからもっと弦高低い方がいいのですが。

 でも、これ以上低くするとビリつく可能性はもちろん、弦同士が共鳴してしまう可能性もあり。これが限界かと。

 それにしても、ブリッジも分厚い。。。

 さて、何だか青春づいています。

 これもまた、懐かしい・・・。つくづく、私はいい時代に思春期、青春時代を過ごしたなあと思いますね。

ポチッとよろしく!

« 我が青春のフォーク | トップページ | 『22才の別れ』をMartin D-18で »

12弦ギター」カテゴリの記事

Guild G-312」カテゴリの記事

サドル」カテゴリの記事

コメント

12弦ギターですか。
豊かな音が魅力ですね。
しかし、調弦は・・・・ですね!
時間を掛けただけ魅力的な音になりますよね。

ギター弾きさん、コメントありがとうございました。
12弦ギターは、不思議な音です。手放せないですね。
でも、重くて。。。肩凝りになります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/59780515

この記事へのトラックバック一覧です: サドルが気になる(7)Guild G-312std:

« 我が青春のフォーク | トップページ | 『22才の別れ』をMartin D-18で »