« 「糸巻き」考(1) | トップページ | 「糸巻き」考(2) »

2014年6月 1日 (日)

サドルが気になる(6)Martin D-18

 これはMartin D-18。

P1000740

 サドル高は4.2mmぐらい。6弦12Fの弦高が2.6mm程度なので、あと0.2mm程度は削ってもいいかもしれません。

 このD-18は現行品の一代前のスペックなので、下駒も指板もインディアンローズウッドです。力木は、ノンスキャロップド。

 現行品はね、下駒と指板がエボニー。力木はスキャロップドですし、糸巻きはオープンバック。まるで別の楽器という感じになってしまっています。

 さて、近頃は、こんな曲も弾いています。

 『かぐや姫LIVE』に収録されていますが、こうせつは1番しか歌っていません。

 ストロークもいいですが、やはり三連符のアルペジオで弾き語りたいですね。

ポチッとよろしく!

« 「糸巻き」考(1) | トップページ | 「糸巻き」考(2) »

Martin D-18」カテゴリの記事

サドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/59743172

この記事へのトラックバック一覧です: サドルが気になる(6)Martin D-18:

« 「糸巻き」考(1) | トップページ | 「糸巻き」考(2) »