« サドルが気になる(7)Guild G-312std | トップページ | 『ホームにて』をMartin D-18で »

2014年6月 9日 (月)

『22才の別れ』をMartin D-18で

 Martin D-18。マホガニーの音って、好きですね。

P1000754_2

 裏板です。ローズウッドとは、色からして違います。

 板の違いで、音の違いが生まれる。。。。というのも不思議な感じがします。
 

 『22才の別れ』のイントロをD-18で弾いてみました。下手っぴですが、、、。

 カポ1です。ちょっとノイズがありますが。

ポチッとよろしく!

« サドルが気になる(7)Guild G-312std | トップページ | 『ホームにて』をMartin D-18で »

Martin D-18」カテゴリの記事

コメント

伊勢正三さん、大好きです。
「22歳の別れ」は、風の頃ですかね。
以前、高校生の頃だったと思いますが、この曲を2人で弾かないかと誘われたことがありましたが、その頃はクラシック一筋だったので断ったことがあります。
今思えば、一度音合せしておけば良かったと思います。

丸に橘です。
ギター弾きさん、コメントありがとうございました。
これは風のバージョンで弾きました。かぐや姫バージョンですと、少し変わります。私は風のほうが好きですね。次は、ナッシュビルチューニングで録音してみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/59789151

この記事へのトラックバック一覧です: 『22才の別れ』をMartin D-18で:

« サドルが気になる(7)Guild G-312std | トップページ | 『ホームにて』をMartin D-18で »