« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

「糸巻き」考(1)

 ギターにはいろいろな部品が付いているわけですが、サドルの他にいつも考えさせられるのが、糸巻きです。

 「ペグ」「チューニングマシン」「マシンヘッド」など、用語も豊富ですね。

P10003871

 これはMartin D-41の糸巻きです。

 Gotoh製のロトマチックで、SG360がベースになっているものと思われます。

 他のギターには・・・(急に睡魔に襲われたため、続く)

ポチッとよろしく!

2014年5月30日 (金)

サドルが気になる(5)Guild D44M

 Guild D44Mです。

P1000720

 サドル高は4mm。弦高は2.1mmぐらい。

 ネック状況もベストに近く、素敵な音色を奏でてくれます。

 2.1mmでもビリつきませんが、もう少し弦高が高くてもいいかもしれません。とすれば、サドル高は4.8mmぐらいまでは可能でしょうか。

 最近、凝っている曲です。

 聴いていると、泣けてきますよね。

 そして、弾いていると、さまざまなことが思い出されます。

 正やんはカポなしDですが、私はカポ3のGです。

 ハーモニカは、正やんと一緒に風を組んでいた大久保一久さんが吹いています。私はまだ、ギターだけで精一杯ですが、いずれは弾きながら吹けるようになりたいですね。

 それにしても、、、、なぜ、今の時代はこのような歌が生まれないのでしょうか。

 今の中高生は、その意味で不幸ですね。。。。つくづくそう思います。

ポチッとよろしく!

2014年5月29日 (木)

こちら、ショートサドル

 Martin D-41のショートサドル。

P1000585

 まあ、これはこれで、、、。

 でもね、D-41もせっかくスキャロップド・ブレーシングなわけですから、ロングサドルを標準にすればいいのにね。

 まあ、交換はしやすいですけどね。

ポチッとよろしく!

2014年5月28日 (水)

ロングサドルっていいね

 何だか最近、ロングサドルってカッコいいなと思っています。

 そんな私って、やはりミーハーですかね。

P1000610

 Martin HD-28Vのロングサドルです。

 スラッとして、見とれますね。音的にも違いが出るということも聞きます。

 これは初めからこの仕様ですが、普通のを改造したりすると、けっこう費用がかかることでしょう。

 ですから、難しいですね。

 閑話休題。

 この人、すごいです。

ポチッとよろしく!

2014年5月27日 (火)

YAMAHAドレッドノートもいいですね

 さだまさしさんは、けっこうYAMAHAのギターを弾いていますね。

 これなんか、音色にしびれます。わざとサウンドホールより後ろで弾いているのでしょうね。

 YAMAHAドレッドノート。

 さだまさしさんですから、当然特注品でしょうけれど。。。

 でも、ドレッドノートはいいですね。最近のYAMAHAにはないですから。YAMAHAはYAMAHA独特の形ですもんね。あの形は、あまり好きではないのです。

 過去にはドレッドノートがありました。随分前ですから、もう「昔」と言ってもいいかもしれません。

 ですから、中古で探すしかないわけです。

 いずれ。。。

ポチッとよろしく!

2014年5月26日 (月)

サドルが気になる(4)Martin HD-28V

 久しぶりにHD-28Vですね。

P1000611

 これは前にも紹介したことありますが、サドル高は5mmです。

 ロングサドルでこの高さがあるのは珍しいかも知れません。それでも6弦12Fの弦高は2.2mm程度ですから、サドルをあと0.5~1mmぐらい上げても差し支えありませんね。

 今日も、『歳時記』のイントロに集中しました。

 荒削りですが、ほぼ運指は確定しました。あ、運指が確定しただけで、マスターするのはこれからです。

 それにしても、、、ロングサドルってカッコいいですね!今さらながら。

ポチッとよろしく!

2014年5月25日 (日)

『歳時記』練習中

 これまでずっとバッキングしか弾いてきませんでした。

 が、前奏と間奏だけでもメロディを入れたいと思ったわけです。

 で、自分で楽譜をアレンジしてみたわけですが、意外と難しい。

 少しずつ修正しながら練習してます。

P1000266

 Guild D55。下手っぴな腕が、音色に救われています。。。。

ポチッとよろしく!

2014年5月23日 (金)

サドルが気になる(3)Guild D55

 こちらは、Guild D55のサドル。

P1000271

 6弦部で4mmあります。

 弦高は、6弦12Fで2.5mmちょっと。贅沢を言えば2.4mmぐらいが好みなのですが、、、、ちょびっとサドルを削ればいいわけですけど、まあ、乾燥の強い冬場にも備えないとね。

 それにしても、今日も寒い一日でした。朝は雪が降っていました。

 なごり雪、ですか。

ポチッとよろしく!

2014年5月22日 (木)

サドルが気になる(2)Martin D-45

 サドルって、難しいですよね。弦高に関係してきますから。

 弦高が高いと弾きにくいですし、低すぎると音が出ませんし・・・。

 2.3mm~2.7mmぐらいが適切ですかね。

P1000713

 Martin D-45です。

 サドル高は5mmぐらいあります。ホント、聳え立っています。

 それでも弦高は2.6mmぐらい。

 実は、以前は弦高が2.1mmぐらいで、すごく弾きやすかったのですが音がまったく出ませんでした。

 それで、サドルを新調して1mm高くしたわけです。

 やっと最近、甘い音色が出るようになってきましたね。

ポチッとよろしく!

2014年5月21日 (水)

サドルが気になる(1)Martin D-41

 ギターを見るとき、一番にチェックするのはサドルの高さです。

 サドルが低いと、弦のテンションが今ひとつ足りないですよね。

 テンションが弱いと、音が籠もったりサスティーンが短くなったりという感じになります。

 私としては、6弦部4mmぐらいは欲しいところです。

 ということで、今日はMartin D-41。

P1000586

 ガッツリと4mmあります。弦高は6弦12Fで2.5mm。

 気持ちいいですね。

ポチッとよろしく!

2014年5月20日 (火)

楽譜を作る

 今日は、夕方から友人と焼き肉屋に行ってしまったので練習休み。

P1000628

 その代わり、TAB譜を作りました。

 使っているソフトは、TuxGuitarというフリーソフト。

 すごく使いやすいですよ。

 で、『歳時記』(さだまさし)の楽譜。

 歌の部分は、実際のバッキングのほぼ完全コピーです。

 前奏と間奏の部分を自分でアレンジしました。さて、問題はそれを弾けるのか!

 がんばります。

 今回初めて気付いたこと。それは、D7sus2というコード。「あ、このコードはD7sus2というコードだったんだ!」と。

 今さらながら、勉強になりましたね。

 さだまさしさんは、よく使うんですよね。Dsus2もよく使っていますね。

 ということで、『親父の一番長い日』。D7sus2が使われています。

ポチッとよろしく!

2014年5月19日 (月)

Guild D44Mに惚れ直す

 メイプルボディのGuild D44M。

 久しぶりに抱えてみました。

P1000707

 惚れ惚れとする音色。

 なんと、『神田川』もグッとくるではありませんか!

 南こうせつさんがGibson DOVEで弾いたのも分かるような気がしました。

 その他、いつものように。。。

『岬めぐり』

『秋止符』

『ホームにて』

『歳時記』

『あいつ』

『花嫁』

『精霊流し』

『あの素晴しい愛をもう一度』

『なごり雪』

『海岸通』

・・・。

ポチッとよろしく!

2014年5月18日 (日)

愛しきストラップたち(5)

 Martinもう1本。

P1000703

 これもね、レザーなんですよ。

 これまで紹介してきたのとは違う質感のレザー。

 ロゴは印刷ですね。同じレザーでも、こちらは淡泊な感じ。

 これはこれで使いやすいですけれど。

 D-18専用にしてます。というのも、D-18にはピックアップが付いていて、エンドピンジャックにしているものですから、ストラップも穴の径が大きくしておかないと。

 で、専用になりました。いやなに、自分でポンチを打ち込んで穴の径を広げたわけです。

 しかし、、、腕の悪い男は、好不調の波も激しいね。

 今日は、けっこう気持ちよく弾いてます。

ポチッとよろしく!

2014年5月17日 (土)

こんなところにストラップピン

 寒い日でした。

 最高気温は3度ぐらい。積もりませんでしたが、一時雪が降りました。

 ということで、ストーブをガンガン焚いています。

P1000695

 あ、この時期に雪が降るのは、別に珍しいことではありません。今年はむしろ、例年よりも暖かいと思います。桜が咲いたのも、例年より1週間~10日ぐらい早かったですし。

 それはさておき。

 Guild D55は、こんなところにストラップピンを標準装備しています。

P1000436

 場所的に、私としては使いにくいですね。もっとも、私は「ヘッド派」ですけれど。

 でも、「ネックヒール派」の人でも、ここは少ないですよね。

 GuildはエレキギターのFenderの子会社なので、ここなんでしょうかね。

 いつ見ても不思議に思っていたのでした。

 正やんの『地平線の見える街』。久しぶりに弾きました。ストロークなんて、いつ以来かな。

 これは、ローズウッドかメイプルの曲ですね。Martin HD-28Vなんか、最高ですね。

 それにしても、名曲です。

ポチッとよろしく!

2014年5月16日 (金)

愛しきストラップたち(4)

 何だか途切れ途切れになってしまっていますが・・・。

P1000537

 以前も書いたことのある、Martin OWNERS CLUBのストラップ。非売品です。

 私の好きな一品。

 それにしても、何ですかね、刀の鍔みたいなもんですかね。これに似合うギターが欲しくなってしまうという、恐怖の循環。

 Martin社の戦術なんでしょうか。

 ロゴの部分を拡大すると、、、

P10005371

 こんな感じ。

 ん~カッコいい。ミーハーとしては。

 さて、練習しますか。。。

ポチッとよろしく!

2014年5月15日 (木)

Martin D-41の実力

 私じゃなくてね。

 Martin D-41。

P1000692

 カミさんにね、「腕悪いんだから、道具ぐらいいいの買いなさい!」と言われて初めて買ったMartin。

 ここんとこしばらくは、ナッシュビルチューニング専用でした。

 で、思い立って久しぶりに普通の弦を張ったのです。

P1000682

 これね。MartinのMSP4100。

 いやあ、、、。感動しましたね。D-41の「実力」に。そう、「音」に。

 腕の悪い奴は、せめて道具だけでも、、、。カミさんの名言。ホント、そうですね。

 気持ちよく『22才の別れ』を弾きました。イントロの最後にある連続三連符。信じられないぐらい鮮やかに決まりました。

ポチッとよろしく!

2014年5月14日 (水)

D-18の弦

 忘れてました。

 Martin D-18に張った弦。

P1000348

 MSP6100です。LIFESPANのBRONZEです。

 これもね、もらったヤツ。

 この弦は、巻き返しのところに赤いシルクを巻いていないので、ブリッジピンがちゃんと奥まで入ります。

 赤いシルクは、カッコいいんですけど6弦だけブリッジピンが浮いちゃうんですよね。入りきらずに。ですから、ない方がいいですね。

 でも、「PHOSPHOR BRONZE」と「BRONZE」では、音が違いますよね。どっちがいいとか、そういうものではないですが、違いは分かりますね。

ポチッとよろしく!

2014年5月13日 (火)

愛しきストラップたち(3)

 こんな色のも持ってます。

P1000677

 あまり好きな色ではないですけどね。

 でも、厚手で存在感も大きく、滑りにくいので使いやすいですね。

 でも、何と言いますか、外国製というのは外国人の体のサイズが基準になっているものですから、長いんですよ。

 で、どうしているかというと、、、。あ、写真撮り忘れました。

 また次回。

 今日は、風の大久保和久さんが作った『古都』。

 好きな歌です。

ポチッとよろしく!

2014年5月12日 (月)

サム・ピック、磨り減る

 まあ、消耗品ですから。

P1000660

 どっちが新品か、一目瞭然ですね。

 先っぽが、かなり後退しています。

 減るのは、先っぽだけではありません。巻き弦のギザギザにやられて、弦に当たる部分が薄っぺらになります。

 こうなると音も薄っぺらになりますし、何せ先っぽが減っているので、ときどき空振りしちゃったりするわけです。ですから、もったいないと思ってはダメですね。

 交換した途端、弦の音がガラッと変わりました。掛かり具合もまったく違います。

 因みに、私はいつもJames(島村楽器のブランド)のサム・ピックです。先端は最も鋭角のを選びます。

 お陰様で、今日は、

『岬めぐり』(山本コウタローとウイークエンド)-G=オリジナルキー

『歳時記』(さだまさし)-カポ4/G

『ホームにて』(中島みゆき)-カポ4/G

『なごり雪』(かぐや姫)-カポ3/G

『海岸通』(風)-カポ3/G

『あの素晴しい愛をもう一度』(加藤和彦と北山修)-カポ3/G=オリジナルキー

『あいつ』(風)-カポ3/G

をMartin HD-28Vで気持ちよく弾きました。

 あれ? 今初めて気付きました。全部、「G」で弾いてますね。。。。

 さだまさしの『歳時記』。稀代の名曲ですね。

ポチッとよろしく!

2014年5月11日 (日)

12弦ギター Guild G-312 Standardを弾く

 久しぶりに取り出しました。

P1000664

 Guild G-312 Standard。

 これまた、甘くていい音色出してます。

 なんたって、『あの素晴しい愛をもう一度』。レコードの左スピーカーから聞こえてくるのが、石川鷹彦さんの12弦の音色。もちろん足下にも及びませんが、気分だけ味わって。

 なんせ、調弦するだけで疲労困憊しますので、休日でもないと弾けません。。。。

 気分良く弾けて、満足。

ポチッとよろしく!

2014年5月10日 (土)

Martin D-18に弦を張る!

 張りました。

P1000438

 それにしてもですね。

 ローズウッドとマホガニーの音の違いというのは大きいものですね。もちろん、メイプルもね。

 ホント、全然違います。

 木の種類でこうも違うのか、と。

 とするならば、表板もやはり、種類が違えば随分違うのでしょうね。

 もちろん、表裏の組み合わせによっても、大きな違いがあるのでしょう。

 すごいことですね。

ポチッとよろしく!

2014年5月 9日 (金)

愛しきストラップたち(2)

 久々のストラップシリーズ。

 これは、Martinですね。

P1000630

 「縦ロゴ」の焼き印がシブいです。

 この手のレザーストラップは、使えば使うほど黒光りして味わいが深くなってくる、というところが好きですね。

 厚手なので重量感もあって満足できます。

 さて、練習しますか。

ポチッとよろしく!

2014年5月 7日 (水)

Guild D55に弦を張る!

 張りました!

 この弦です。

P1000643

 この弦はですね。もう売ってません。廃版です。

 買ってから、ずっと温めてました。孵化するぐらい。(笑)

 いや、この弦はですね、1年半ぐらい前に1ダース買ったわけですよ。

 ところが、切れないものですから、使い切らないうちに廃版と相成りました。

 それに、プレーン弦が錆びないんです。金メッキしてあるから、錆びない。長持ち。もちろん、使った後にゴシゴシと拭いているというのもありますけれど。

 それだけではなく、よく切れるはずの1弦と3弦は、巻き方のヒミツにより、私の場合はほとんど切れません。

 そのヒミツとは・・・(前にも書きましたけどね)

P1000639

 これ、1弦です。かなり巻いています。もっと巻いてもいいぐらいです。

P1000638

 2弦。たいして巻いてません。

P1000635

 3弦も力一杯巻いてます。

P1000634

 4弦。3巻きぐらいです。

P1000641

 5弦は2巻き半ぐらいでしょうか。

P1000632

 6弦は2巻き程度。

 そうなのでした。1、3弦だけ、必死に巻くのです。すると、どういうわけか切れません。

 こうするようになってから、「切れたから弦交換」というのはほとんどなくなりました。4~5か月ぐらい経って、「そろそろ換えるか。。。」ってな感じです。

 今回も、去年の12月以来の弦交換でした。

 ということで、Guild D55。

P1000647

 私の好きなCmのスタイルで。

ポチッとよろしく!

2014年5月 6日 (火)

Martin D-45に弦を張る

 力を入れて、気持ちを込めて、弦を張りました!

P1000347

 我がMartin D-45。

 これまでの散々なる為体は、すべて緩そうぞ。元い、許そうぞ。(ちょっと緩んでるな・・・)

 いい音頼むよ!(ま、いいか)

 LIFESPANのPHOSPHOR BRONZE、MSP7100だぞよ。Martin売り出し中の、一押しの弦ぞよ。

 いや、これはですね、Martin Clubの機関誌に投稿しますと、当たるのです。自分で買うとなると、けっこう値が張るわけですよ。この弦はね。

 でも、LIFE SPANですから、却ってお得かも。(切れなきゃね。。。)

 ということで、久々のスタイル。

P1000629

 さて、気合い入れて練習します。

ポチッとよろしく!

2014年5月 4日 (日)

愛しきストラップたち(1)

 座って弾いているとね、右肩が辛いね。

 どうしても右手の位置が体の外側に寄るからね。足を組んでも、たいして変わらないし。

 それに、ネックが安定しないんだよね。ぐらついちゃって。

 だから、前にも書いたことあるけど、弾くときはいつもStanding。

 いつも御世話になっているストラップの皆さん。

P1000483

 Guildを弾くときはね、やはりGuildの。

 こういうレザーが好きなんです。色もね。

ポチッとよろしく!

2014年5月 2日 (金)

上達って、難しいものです・・・

 「めざせ!シンガーソングライター!」なんて書いてますけどね。

 書くだけなら誰にでもできるわけで。

 ギター練習しても、なかなか上達しないんですね、これが。

 今日も『神田川』弾いていて、3か所間違えました。。。。あらら。。。ちょっと沈みますよね。

 『なごり雪』弾いていて、やはり3か所ぐらい間違えました。ん~。。。。

 気分転換。才能ないんだから、しゃあない。

P1000623

 そんなとき、この本を読みます。もう何度も読んでます。何度読んでも飽きません。

 元気が出てきます。

 買ってから、もう20年ぐらいは経ちますかね。

 皆さんも、ぜひ。

ポチッとよろしく!

2014年5月 1日 (木)

コード移動の難しさ

 『あの素晴しい愛をもう一度』を弾くのは、私にとってけっこう難しい。

 BmからCに移るのがね、すごく難しい。きっと工夫が足りないんですね。

 今日は、指が痛くて練習休みです。右手の人差し指のささくれ。

 痛くてフィンガーピックが着けられないのです。。。。

P1000266

 Guild D55。

 美しいギターです。

ポチッとよろしく!

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »