« 愛しきストラップたち(3) | トップページ | Martin D-41の実力 »

2014年5月14日 (水)

D-18の弦

 忘れてました。

 Martin D-18に張った弦。

P1000348

 MSP6100です。LIFESPANのBRONZEです。

 これもね、もらったヤツ。

 この弦は、巻き返しのところに赤いシルクを巻いていないので、ブリッジピンがちゃんと奥まで入ります。

 赤いシルクは、カッコいいんですけど6弦だけブリッジピンが浮いちゃうんですよね。入りきらずに。ですから、ない方がいいですね。

 でも、「PHOSPHOR BRONZE」と「BRONZE」では、音が違いますよね。どっちがいいとか、そういうものではないですが、違いは分かりますね。

ポチッとよろしく!

« 愛しきストラップたち(3) | トップページ | Martin D-41の実力 »

Martin D-18」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/59643524

この記事へのトラックバック一覧です: D-18の弦:

« 愛しきストラップたち(3) | トップページ | Martin D-41の実力 »