« ペグのMartin ロゴ | トップページ | 三角ネックの心地よさ »

2014年4月 1日 (火)

やはり『神田川』は・・・

 Martin D-28Vで『神田川』を奏でる。

P1000450

 「ん~・・・」である。

 音は、いい。音はいいのだけれど、「・・・」が続いてしまうんだな。

 どうしてかは、よく分からないんだけどね。

 やはり、ローズウッドの音は似合わないんだな。しかも、フォワード・シフテッドXブレイシングでは、なおさらのこと。

 あ、あくまでAmで弾く時ね。

 以前にも書いたけれど、Martin D-18でなくては、『神田川』はしっくりこないね。

 その原因、もう少し考えてみよう。

 皆さんは、どうですかね。

« ペグのMartin ロゴ | トップページ | 三角ネックの心地よさ »

Martin D-18」カテゴリの記事

Martin HD-28V」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/59394712

この記事へのトラックバック一覧です: やはり『神田川』は・・・:

« ペグのMartin ロゴ | トップページ | 三角ネックの心地よさ »