« 12弦ギターのすばらしさ | トップページ | ヘッドの裏(8) »

2014年4月28日 (月)

ヘッドの裏(7)

 マホガニーのギターって、軽くていいですね。

 最近、Martin D-18が好きになってきました。音も、まさにBright。

 あ、ローズウッドのしっとりとした音も好きですよ。でも、マホガニーはBrightなのに『神田川』のようなしっとりとした曲にピッタリと合います。

 不思議ですね。

 ということで、Martin D-18。

P1000598

 これも、GroverのペグをGotohのSG301Goldに交換しています。

 私は、ギターメーカーのロゴ入りはそのまま使いますが、GroverなどであればGotohに交換することにしています。

 GotohのSG301Goldは、実に美しい。。。

ポチッとよろしく!

« 12弦ギターのすばらしさ | トップページ | ヘッドの裏(8) »

Martin D-18」カテゴリの記事

ヘッド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/59548335

この記事へのトラックバック一覧です: ヘッドの裏(7):

« 12弦ギターのすばらしさ | トップページ | ヘッドの裏(8) »