« 日々使っている道具達(5) | トップページ | Martinのノート »

2014年3月16日 (日)

ナッシュビルチューニング

P1000344  初めてのMartinはD-41でした。

 新品で購入して、4年ぐらい経ちますか。

 このヘキサゴンが魅力。

 アバロントリムもね。

 D-45に似ているけれど、質素。私の腕みたい。(笑)

 指板周囲にはアバロントリムがないし。サイドやバックにもありません。

 あくまでも、控えめなのであります。

 で、今はナッシュビルチューニングのギターになってます。

P1000341

 弦は、こんなんです。

 細い。巻き弦は6弦だけです。

 ですから、キンキン鳴ります。

P1000345 ナッシュビルチューニング専用の弦です。

 でも、これ、3弦が.009で。

 自分的には、.009よりも.008の方が好きで。

 いや、音色はたいして変わりませんけど、.008だと切れにくいのです。

 ということで、これを買ってます。

 あ、最初からこれを張るんじゃなくて、3弦が切れたときのスペア用にね。

P1000349

 私がナッシュビルチューニングで弾いているのは、

風『22才の別れ』(定番!)

風『あいつ』(すごくいいです)

加藤和彦と北山修『あの素晴しい愛をもう一度』(意外にも)

かぐや姫『なごり雪』(スリーフィンガーがぴったり。私の場合はフォーフィンガーですが)

さだまさし『歳時記』(ダークホース)

 どうですか。たまにはナッシュビルチューニング。

ポチッとよろしく!

« 日々使っている道具達(5) | トップページ | Martinのノート »

Martin D-41」カテゴリの記事

ナッシュビル・チューニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/59304932

この記事へのトラックバック一覧です: ナッシュビルチューニング:

« 日々使っている道具達(5) | トップページ | Martinのノート »