« そろそろ弦交換 | トップページ | HD-28Vの魅力 »

2014年3月25日 (火)

D-18で神田川

 D-18を弾く度に、思うのです。

「やはり『神田川』はD-18だよなあ」

P1000440

 何故なんでしょ。もちろん突き詰めれば「マホガニーの音」なのだとは思いますが、、、、でも、Gibson Hummingbirdでもそう思うのかと問われると、自信はないですね。況してやJ-45だったりしたら、「あのラウンドショルダーで『神田川』?まじ?」ってなもんでしょう。

 これは、やはりどうしてもMartin D-18でなければならんわけで。

 石川鷹彦さんのアルペジオは、D-18、カポ7のAmですから。

 弾いていて、「これはやはりD-18だな」と。D-45やGuildでは、あの雰囲気は感じ取れないんですね。

 でも、こうせつはGibson Dove、や正やんはD-28ですね。

 あらら。。。

 Emだからいいのかな。。。。

ポチッとよろしく!

« そろそろ弦交換 | トップページ | HD-28Vの魅力 »

Gibson DOVE」カテゴリの記事

Martin D-18」カテゴリの記事

Martin D-28」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/59355588

この記事へのトラックバック一覧です: D-18で神田川:

« そろそろ弦交換 | トップページ | HD-28Vの魅力 »