12弦ギター

2016年5月 6日 (金)

Guild G-312どう変わったか(その2)

さて、その2です。

Img_0251

弦のテンションがキツくなった分、次のような現象が起きました。

Img_0249

1.音が硬くなった。

硬い、柔らかいは好みの問題なので、どっちがいい悪いではありませんが、、、、。

2.右手が疲れる。

弦の反発がそれだけ強くなったわけで、これは当然のことでしょうね。まあ、慣れれば何でもなくなるとは思いますが。。。。

Img_0257

もう少し弾いてみないと、私にとってどちらが好みかは判断が難しいですね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年5月 5日 (木)

Guild G-312どう変わったか

今日は弦交換の翌日。

相変わらずの寒さに、思わずストーブスイッチオン。

当然、加湿器もスイッチオン。

Img_0246

今日は休日ということもあり、、、、。

Img_0255

ハイ、Guild G-312です。

ゲージを変えた結果どうなったか。(変えたと言いますか、前も使ったことあるわけで、、、)

まず、弦高。

EJ41のときは、、、。

Cimg7946

2mm。

で、EJ38。

Img_0250

光っちゃって見えにくいですけど。2.5mm弱ぐらいありますね。

かなりテンション違いますからね。覿面です。

Img_0248

実は、これ以外にも大きな違いが!

また次回!

12弦ギターで奏でる「海岸通」も練習しています。

しかし、、、、切ない名曲です。

このような名曲とリアルタイムに、、、、自分は、つくづく良い時代に生まれ育ったなあと思っています。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年4月10日 (日)

実に久しぶりに・・・

「久しぶり」なんてもんじゃないですね。

自分でも驚きですが、あらま、3/1以来じゃないですか。

もう、異動先が内定し、決算時期と引っ越し準備、引継準備とが重なって、もう大変な日々でした。

ギターそのものも、なかなか手に付かず。

単身赴任と言っても、意外と荷物はあるもので。次に備えて減らさないと、と決意しました。

多分、2年後か3年後にまた異動です。

今回は社員が100人超の支店ですから、気を引き締めて掛からないと。田舎の20人規模とは違いますから。

まあ、課の数も違いますから。。。。

かと言って、支店長室も5倍かというと、然に非ず。同じぐらいでした。(笑)

それはともかくとして。

やっと引っ越し荷物の段ボールもなくなり、ギターに向かう余裕ができました。

久しぶりに取り出したるは、Guild G-312std。

Img_0132

まあ、日曜日ですから。(笑)

というよりも、引っ越しで酷使した両手のリハビリも兼ねて、ということで。

Img_0133

だめですね。しばらく弾いていないと。だいたい半月ぐらいのブランクがありますから。

でも、元に戻るように頑張ります!

Img_0134

あ、今回の引っ越しで、自分としてはヒットだったなあと思ったこと。

それは、ギターの運搬のみ、クロネコヤマトの宅急便を使ったこと。

扱い方が違います。

引っ越し業者に任せてはいけません。積み卸しは固より、運搬中の問題も考えればね。

クロネコヤマトは正解でした!

一曲。

よし、毎日弾くぞ!

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年2月27日 (土)

弦を張り、そして。。。Guild G-312

切れた弦を張り替えました。

Img_0021

一本ないだけで、ギターの表情は変わってしまいます。

Img_0031

よくよく考えても見れば、ギターを弾くのは出張前以来のこと。

25日の夜には出張から戻っていたのですが、今日まではとても弾けるような状況になく。

来客だ、外勤だ、本社役員の来店だとか、何だとか、かんだとか。

Img_0023

今日は久しぶりのギターなので、リハビリ的に。

「歳時記」の練習程度で終わりました。

が、その程度で終わったのは、もう一つ理由があります。

それは。。。

Img_0122

サドルを元に戻したのです。

実は、今ひとつ、チューニングが合わなかったのですね。新調したサドルでは。

どこが合わなかったかというと、、、、、主弦と副弦です。

Cimg7686

1、2コースは同じ弦ですから、どのフレットを押さえてもまったく同じでなくてはなりません。

4~6コースは、一オクターブ違いますが、どのフレットを押さえても同じ音でなくてはなりません。

ところが、微妙にずれているわけです。ピッチがズレているわけですね。

原因は、分かっています。

新調するときに、サドルだけを送って高さ違いの複製品を作ってもらったからです。

Cimg7569

やはり、ギターそのものを送って作ってもらわないと、ピッチが同じにならないのです。

いけませんね、手抜きは。また、安く済まそうとしては。結局は高く付くという、「安物買いの銭失い」の典型を演じてしまいました。。。。。。

いい勉強になりましたね。(勉強ばかりしてたりして(笑))

皆さん、私の失敗を、ぜひ生かしてください。

来月は、転勤に伴う転居の準備がありますので、準備が一段落したら、ギターごと送ってサドルを新調してもらおうと思っています。

トホホ。。。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年2月21日 (日)

なんと、この弦が切れるとは。。。

今日は、休日の12弦ギター。

休日と言っても、半日です。午前中は、びっしり仕事。

おまけに昨夜からの大雪で、朝から雪かきで疲れました。。。

それはともかくとして、Guild G-312std。

Img_0020

近頃凝っている「歳時記」。

6弦と同様のイントロと乾燥、もとい、間奏に挑戦しています。

Img_0067

メロディを弾くのって、けっこう苦手なんですが、少しずつ、少しずつ上達している感があって。

私は、メロディを単音で弾くのが嫌いなので、上手く最低2本の弦で音を組み合わせてアレンジしています。ベース音も、1小節に最低でも一度は含めるようにして。

Cimg7687

それを12弦ギターで爪弾くと、これがまたうっとりする音色になるわけです。

「うーん、ナイス」って感じ。これで腕が良ければ文句なし!(笑)

弦高も、いい感じです。

こちら、主弦。

Img_0104

こちらは副弦。

Img_0105

光ってしまって見にくいのですが。まだCanon Power Shot G7Xの扱いに慣れていなくて。

・・・ということで十分な満足感の中、弦を緩めていると、

「プツン!」

ありゃあ、まだ弦交換して2か月。何回も弾いてないのに、、、。どの弦?

なんと、4コースの副弦でした。

サイズは、.011のプレーン弦。

Img_0120

この弦が切れたのは初めてかな。。。

Img_0121

まだ他の弦は生き生きしていますし、12弦だから全交換は手間が掛かるし、でもバラ弦のスペアはないし。

買いに走ると、片道1時間半はかかるし。吹雪だし。

ということで、実は明日から木曜日まで大都会に出張なので、バラ弦を仕入れてきます。

今日の森恵さん。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年1月 2日 (土)

「歳時記」楽譜修正中

今まで一度だけ話題にしたことがあります。(こちら

楽譜づくり。

私は、Tuxguitarというのを使っています。

Tuxguitar

このアイコンはあまり好きではないんですけどね。

ソフトは使いやすいです。

「歳時記(ダイアリィ)」(さだまさし)は私のテーマ曲の一つなのですが、今までバッキングのみで弾いてきました。

が、一応、イントロや間奏を自分なりにアレンジした楽譜も作ってあったわけです。

この正月休み、それを練習しようとしたところが、まあ、弾きにくいこと。実際の左手の運指が、私の腕ではとてもとても、、、、というところが多くて。自分で作っておいて。(笑)

そこで、弾きながらイントロと間奏の修正をしています。

Tux

いずれ、イントロと間奏をアレンジした動画を公開できるように頑張ります!

https://www.youtube.com/watch?v=X3lb9b1zkAI

https://www.youtube.com/watch?v=RpNe2BINack

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2015年12月27日 (日)

今日の弦交換

今日は休日。

そんな余裕がないとできないのが、12弦ギターの弦交換。

ということで、Guild G-312。

すでにのっぺらぼうにはなっているので、あとは弦を張るばかり。

今回、用意した弦は2種類。

一つは、D'Addario EJ38。

Ej38jpg

もう一つは、D'Addario EJ41。

Ej41jpg

ん~。どちらにするか。

これまで、あまり気にすることなく両方使ってきました。

まあ、今回は、テンション緩めのEJ41を選択。

Cimg7802

EJ41は、こんなラインナップ。

Cimg7803

まずは主弦から。

Cimg7804

なぜ「12→11→10→・・・」と順番に入れていかないかというと、副弦のブリッジピンか邪魔になって、主弦を入れにくいからです。

それで、まずは主弦をズラリと入れちゃいます。

主弦、副弦ともすべて入れ終わってから、張っていきます。

ふう、ここまで張って、一旦休憩。。。。ちょうど半分。

Cimg7805

ということで、完成です。

Cimg7806

めでたし、めでたし。

つ、疲れた。。。。

今日の森恵さんの動画。サムピックと、樹脂製のフィンガーピック使ってます。

こうして森恵さんが歌うと、「えっ? あの歌?」って感じです。

「こんなにいい歌だった?」

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2015年9月19日 (土)

12弦ギターのハードケースとは

今日は休日。ということで、Guild G-312std。

Cimg6854

「なごり雪」(かぐや姫)

「あいつ」(風)

「歳時記」(さだまさし)

「あの素晴しい愛をもう一度」(加藤和彦と北山修)

といういつものレパートリー。「○○の一つ覚え」ですが、、、、。

雨がザンザンと降っていたので、除湿器フル回転。お陰様で、湿度50パーセント前後を維持。

弦高は、

Cimg7286

うーん。天気の割に低いですね。

でも、これでもビリビリとしないのは流石。

サドル高。

Cimg7291

こっちは湿度とは関係なく、いつも変わらず。

でも、弦高を考えると、もう少し高くてもいいですかね。その方が、副弦のテンションも上がりますし。

それはさておき。

今日はハードケースのこと。

本体の陰に隠れてますけどね。これがなければ、コンディションが維持できないわけで。

表題の結論を先に言えば、6弦用と同じでした。12弦ギターのヘッドが大きいからと言って、ハードケースのサイズが大きいわけではなく。

全景はこんな感じ。

Cimg7292

蓋は、アーチトップになっています。フラットよりも、ずっと高級感がありますね。

把手は、

Cimg7293

まあ、普通ですかね。

蓋を開けると、

Cimg7301

留め金は5か所に付いています。これも多分、「値段」で個数が違うのでしょうね。

蓋を支える紐(?)は中央部に1か所。材質的にはチープ感で一杯です。

さて、問題のヘッド部。

正直、長さ的には一杯ですね。

ですが、共通運用できるというのは高級なハードケースしかないですね。

Cimg7313

幅もそうですが、Guildの幅広ヘッドが入るというのは、安物ではありません。

メーカー名は、小物入れの蓋の把手に刻印してあります。

Cimg7289

TKL。有名メーカーですね。Made in Canadaです。よかった、、、、Made in Chinaじゃなくて。(^_^;)

ここで、最も重要なロゴ・プレート。

Cimg7302

んー。実は、ここで違和感がありました。

「どうしてこんなに傷だらけ?」「金属なのに?」

そして、「!」。

「まさか。。。」

そうなのでした。

Cimg7305

端っこを、ちょっと爪で引っかけてみたのです。やはりそうでした。

Cimg7306

いやはや。保護ビニールが付いたままだったわけです。

すべて剥がしました。

Cimg7307

これでスッキリ!

Cimg7315

しかし、、、、買ってから随分立つのに、気付かなかったですね。

おそらく、「新品」で買った他のギターのハードケースも、ほとんどそうですね。

それで、思い出したのです。

私は、カミさんに買ってもらったGuild D55のピックガードの保護ビニールに気付かず、1年ぐらいそのまま弾いていました。

これです。

Cimg7050

もちろん、この写真を撮ったときは剥がしていますが。

「そう言えば、光沢ないよなあ、このピックガード。。。。」と思って、よく見ると、、、。「!」だったのでした。

カミさんからは、「バカじゃないの!?」と散々でした。

人間、大して成長しませんね。。。

ということで、高級感と、普通感と、チープ感の同居しているハードケースでした。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2015年9月12日 (土)

それにしても、久々12弦

もう何か月か弾いていなかったですね。

Guild G-312std。

Cimg7256

そんな罰当たりをしていると、、、、、プッツン!

あらら。。。チューニング中に弦が切れました。3コース副弦。

Cimg7248

ということで、辛うじてあったスペアに張り替え。

Cimg7249

プレーンの.008は、これで残1。買っておかなきゃ。

閑話休題。

12弦ギターと言えば、「あの素晴しい愛をもう一度」。

こんな動画を見つけました。

弾いてますね~。加藤和彦さん。

Martin D12-20でしょうか。マホガニー・ボディ、スロテッド・ヘッド、12フレット・ジョイントですね。

同じマホガニーでも、D12-18は基本ソリッド・ヘッドの14フレット・ジョイントですから、多分、D12-20です。

すごいですよね。12弦ギターを、「生指」で弾いてこれだけの音を出すのですから。(サムピックだけしていますが)

ボディに小指と薬指の2本を付けてのスリーフィンガーだから可能なのでしょうか。

私は、フィンガーピックを付けないと、とてもとても、、、弦に負けてしまいます。

対する石川鷹彦さんは、Martin D-76。神業です。

私も、頑張って弾きました。

Cimg7257

加藤和彦さんになったつもりで。人に聴かせられないレベルの下手さですが。

ホント、いい歌です。ポイントは、「素敵な」の部分。

うーむ。やはり12弦ですね。

弦高です。

Cimg7250

Guildのヘッドロゴ。

Cimg7253

アップ。

Cimg7254

カッコいいですね。

Guildは、安いギターでもちゃんと貝を使っています。うれしいですね。

皆さん、ぜひ12弦ギターを持ってください。大袈裟ですけど、、、、、「人生変わります」。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2015年5月 4日 (月)

予定外Guild G-312の弦を外す

まだまだ乾燥しています。

昨日の朝の湿度計です。

Cimg7026

8:29の時点で48パーセント。いいところです。

ところが。。。

Cimg7031

僅か1分後ですよ。

でも、まあ、十分だと思い、買い物に出掛けました。

で、帰宅したら、、。

Cimg7036

ギョギョッ!

てな訳で。

Cimg6664

まだまだお世話になってます。

・・・・・

さて、弦交換のこと。

私の弦交換のペースは、大体4か月に1回。

前回は1月でした。たぶん、次回は9月です。去年もそうだったように思います。

年に3回ですか。

実はですね。

12弦ギターというのは、そんなに弾きません。

ですから、今回は弦交換の予定をしていませんでした。

12弦を交換するのって、けっこう辛いんスよ。

しかし、昨日書いたように、弦を外しました。

それは、これを発見したからでした。

Cimg7038

第4コースの14フレット付近の主弦が、何やら黒ずんでいるではありませんか!

目を凝らしてみてみました。悲しいかな、老眼なので、眼鏡を外して。

でもね、見えないときもあるわけです。

そんなときは、デジカメを高画素に設定して撮ります。

今回も、黒ずんでいることまでしか分かりませんでしたが、、、。デジカメで撮ってパソコンに写してみると。

Cimg7039

なんと、錆ですよね、これ。

あらら。

先週、実は第3コースの主弦が寿命になったものだから、それだけ交換したばかりだったんです。。こ。ご覧の通り、ピッカピカです。

ということで、交換リスト入りしました。

外す前、最後の弦高。

Cimg6998

弦は、取り寄せ中です。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ